投資全般など、⛄長期投資法として米国株&債券 (米国債) &不動産によるインカムゲインを重視し、再投資を含む複利運用を目指します⛄
楽天カード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資ブログを読んだら、どれくらい役に立つのか?

投資ブログを読んだら、そもそもどれくらい役に立つのでしょうか?


私は、毎日ネットサーフィンをしています。おそらく半分くらいは、ファイナンシャル・投資のことに関してだろうと思います。では、それは役に立っているでしょうか??


That's the question of Yes and No!


役に立っている場合もありますが、多くは真に役立っていません。投資ブログの場合は、役に立たない確率がさらに非常に高くなります。




投資ブログを読む私の場合

60% どうでも良い事。他人の売買記録、投資記録、雑感など。たまには参考になるが、単に暇つぶしで読むのみ。

35% 既に知っている事の焼き直し。二番煎じ三番煎じ。本でも他の人もよく言っている事。こんなの今更読んでもね〜。

3% たまにある、ちょっと面白い視点。一応、ウェブクリップで保存しとこう。

2% 知らなかった。すかさず保存。真に繰り返し読むべき、素晴らしい内容。




こんなもんです。投資なんて、方法論等、所詮限りがあります。いろいろ勉強してたら、ネットで拾える情報なんて頭打ち。上記の2%〜5%の情報を得続けるためにブログを漁り続けるのは、もはや効率が悪すぎる。厳選したもののみを追い続けるか、他のことをする方が良い。


投資に関しても、ブログではなく、本を読む、決算の数字を見る努力をするなど、もっと違った方向のものを探る方が効率が良い。


私の場合は、投資の本やファイナンシャルリテラシーに関するものはだいたい本屋で片端から見ていたので、新鮮味のあるものはもう、滅多に出くわしません。なので、私は最近、興味の対象を「経済学」そのものに移し、仕事に関する勉強や、英語やドイツ語や歴史や他の教養の勉強と並行して、ぼちぼち学んでいます。


そうです。投資の方法論の勉強なんて、タカが知れている。大したことはありません。ただし、個別銘柄を沢山調べるのは別。骨が折れます。これをするべきかどうかは、人によります。



投資の勉強はある程度にして、「投資の勉強はもう終わったよ」「FP2〜3級程度の知識はあるよ。保険や税金、ライフプランの立て方についても要諦はもうわかってる」と、胸を張って言えるようになりましょう。



私は、個別銘柄をさらに漁ることはこれからもあるでしょうが、ある人がずっと言っているような「テンバガーを狙えるような、ニッチだったり素晴らしかったりする株を何としてでも探し出したい、その淡い期待が捨てきれないし、何とか巡り会いたい。そして、できるだけ手っ取り早く金持ちになって、早く引退したい」とは、あまり思いませんし、無理だと思いますし、そこまで自分のポートフォリオにも期待していません。


特定の個別銘柄に過度に入れ込んでもしょうがありません。せめて、ポートフォリオの上限10%程度までです。


投資を学びリテラシーをどんなに身につけても、どの程度のパフォーマンスを上げられるかは、完全なる債券投資でない限りは、わかるはずがありません。なので、実践はしても投資の勉強等はある程度までにして、他のことに精を出しましょう。


スポンサーサイト

含み益がドル建てで10%を突破しました!今はNYダウは割高なの?



NYダウが上げに上げている昨今、この株高はいつまで演出されるのだろうか、と懐疑的に見ています。


私は、投資のパフォーマンスを見るとき、最近は円建てで見ていることは少ないです。もっぱらドル建てでみています。



2012年に証券投資を開始したときから、私の投資元本は、積み増していって、円建てで約2倍を投資しています。パフォーマンスは、最初の2年は円建てで15%を超え、その後、米国株投資を始めてからは、3年間でならしたパフォーマンスは年率一桁台後半%です。


2〜1年前は、株安・円高に振れていた影響で、含み損が最大で約8%程度まで膨らみましたが、買い増しでボリュームも増えつつ、徐々に含み損から含み益に転じ、ついに、買い付け額に対して含み益が10%に到達しました。時価の約9%が含み益、ということです。これには、今までの実現益を含んでいません。


配当・売却損益の合計である実現益は、すべて再投資し、投資元本にプラスして買い付け額に組み込まれていますが、この買い付け額の約20%を占めています。


買い付け額から実現益を引いた額を投資元本とすると、投資元本に対して、実現益が23.5%、含み益が
13.2%、合計36.7%ですね。



実現益は、確実なものであり、これから配当や分配や金利という形で着実に増えていく予定です。一方、含み益というものは、儚いものです。いつ、株価がまた下がってくるかわかったものじゃありません。


証券投資の元本は、常に市場の原理により株価が変動します。そのキャピタルとキャピタルゲインには依存せず、株価が変動しようとも、定期的に生み出される着実なインカムを期待する方がベターなのではないでしょうか。これは、株式、債券、不動産、いずれの投資家にもあてはまる考え方です。



証券の時価は、その将来生み出すすべてのキャッシュフローの現在価値の総和で表される、というのが、理論株価の考え方です。そうであれば、少なくともインカム資産としての株価が高くなる、という事は、将来受け取ることのできるキャッシュフローの和も高くなる、と考えることかできます。そうならば、株価の上昇は非常に好ましいといえるでしょう。ただし、これは、市場が常に正しく、効率的であるとできる場合の考え方です。



将来キャッシュフローの現在価値の和といっても、確実に予想できる人は1人もいません。あくまでも期待値であります。ならば、その期待値は、無理して高めに見積もった額ではなく、謙虚に少なめに見積もった額を利用する方が、無難です。グレアムやバフェットが、『安全域 margin of safety』と言っているのは、まさにこのことです。現在の行き過ぎた株価が、バリュー投資家的な理論株価よりも高いならば、理想の買値は、理論株価よりもどれだけ安く買うべきか。その糊代(のりしろ)が、安全域です。



素人には、きちんとした計算は難しいのでしょうが、いろんな人が言っている「割高だ」「割安だ」というのが、何を根拠に言っていて、実際はどうなのか。自分の割安の根拠は何なのか。PERやPBRだけで、割安を判断できるのか。現在も株高とは言えるかもしれないが、本当に割高なのか。過去30年間平均のPERと、これから未来30年間の平均PERは違うかもしれない。


ここら辺をきちんとして、しっかりとした判断ができるようになりたいですね。


そうでもない、と思うならば、無駄に考えずに、ドルコスト平均法的に積み立てていく方がベターなのかもしれません。

【株式投資】日経ダイヤモンドの豊島さん、さわかみさんの記事は励みになる

【株式投資】日経ダイヤモンドの豊島さん、さわかみさんの記事は励みになる



日経ダイヤモンドは、一応少し読んでいます。


自分にとっては、いらない情報が多いのですが、楽しみにしている記事もあります。それは、豊島逸夫さんの連載と、澤上篤人さんの連載です。



豊島さんは、金のことに留まらず、海外に実際に行っている人間として、生の状況を知らせてくださる有り難い記事を書かれています。こういうものを、ちゃんとフォローしていくのこそが良いと感じています。




さわかみさんの記事も、真面目に読んでいます。いつも似たようなことを書かれていますが、それがいい。長期投資にとって大事な心構えをしっかり書かれている。


さわかみファンドは信託報酬が約1%という理由でとりあえず買う予定はありません。さらに、さわかみファンドも過去、叩かれていたことを知っていますが、それでも、さわかみさんの言われていることの多くには納得できます。

私の買い増し方針は、ドルコスト平均法+バリュー平均法です


私の買い増し方針は、ドルコスト平均法+バリュー平均法です
[2017.11.21]



私は、ある銘柄を買い増ししていくとき、ごく初期には、約1雪玉⛄️ずつ、すなわち等額ずつの買い増しを行っていました。これは、株価が上がっても下がっても同じ額を買い続けるので、ドルコスト平均法と言います。



しかし、ある時から、買い増す時に、「最初の1雪玉⛄️が値下がりした時には、今回買い足して、合計で2雪玉⛄️⛄️にしよう!」と思い立ちました。最初にそれを実行したのは、IBMを買い足した時です。買い足した結果がある数の倍数になるように買うのは、よくよく考えると「バリュー平均法」という名前が付いていることを思い出しました。



じゃあ、その次に買うとき以降、ずっと、バリュー平均法でいいんじゃない?と思っていました。



しばらくして、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)を買い増ししようとした時は、最初に買った分は値上がりし含み益になっていました。この時、バリュー平均法で買うと、買い増し額が少なくなることが不満でした。これを解決するため、この時は最初に買った額とほぼ同額で買い付けることを決断しました。これは、後から考え直してみると、ドルコスト平均法に他なりません。



ドルコスト平均法と、バリュー平均法。



どちらも悪くない方法と思います。一長一短あるでしょう。しかし、どちらかを厳しく適用していくのは、投資信託の買い付けと違い、個別銘柄の場合はなかなか難しい場合もあるのかな、と思いました。そもそも、買い付け頻度も、銘柄ごとに異なります。


ここで考え直すと、銘柄ごとに、毎期受け取った配当金もそれぞれ合わせて考えるべき、という考え方もできます。そうすると、計算はかなり煩雑です。


あんまり、厳密にする必要はないのではないかと感じました。



どの銘柄を、どの時期に買い増すかは、多分に恣意的です。なので、これを規律正しくするのは事実上難しいことを悟りました。



ある程度の私情を配するためのルールとして、『含み損時の買い増しはバリュー平均法的に、含み益時の買い増しはドルコスト平均法的に行っていく』のは、面白いのではないかと思いました。



本来的に、個人の投資方法は自由であることを鑑みて、遊びゴコロを入れていくのはどうでしょうか?



水瀬ケンイチさんの、『ちょっと心をくすぐるドルコスト平均法』も、私は好きです。




⛄️ Let's build a lot of Snowballs in the same size! 同じ大きさの雪だるまいっぱいつくろう! ⛄️

バフェット太郎って誰ですか?そのブログは有用!?ウォーレン・バフェットかと思いましたよ

今年流行った米国株ブログに、『バフェット太郎の秘密のポートフォリオ』というブログがあるそうです。私がこのブログを投資ブログに変貌させてからかれこれ2年くらい経ちますが、ブログ歴としては私の後輩に当たります。そういえば、私もそのブログを何度か読んでいたようです。


で、最近、久しぶりにそのブログを見てみました。



なんだこれ??GE太郎?という人のブログをdisったり、ほかの人のブログをdisったりするようなブログに成り果てているではありませんか。


なーんだ。


結局、大型の比較的ディフェンシブと思われる米国株のたかだか10銘柄に分散することをさも誇らしげに言っているだけで、それ以上のことはあまり言っていないブログなのかな〜という印象を受けました。等額分散という以上のことは特に言っていないような気がする。炎上させて注目を集め、アフィリエイトで稼ぐのでしようか。


ちなみに、私のブログは広告を貼っていますが、1銭も儲かっていません。なので、広告を少し縮小しました。全部消してもいいかな?とも思っていますがどうしましょうかね?




まあ、バフェット太郎さんのやっていることは、私の投資と大きく変わりはないみたいです。投資額は、私よりも積立額がずいぶん大きいです。クラクラするような額を毎月積み立てできるみたいです。流石は◯○◯トリアさんですね。



で、それなりにブログをチェックしている私の投資仲間に、そのアダス…ゲフンゲフン、「バフェット太郎」さんのブログ、そのポートフォリオのことを聞いてみました。結果、普通に知りませんでした。「ウォーレン・バフェット」と普通に勘違いしました。


まあ、そりゃそうですよね。日本人のいったい何人が知っているのか。もっと有用な米国株ブログは、いくつもあります。



そういうことで、私は私で、他人は他人。世間からはこのブログは大して見向きもされないのかもしれませんが(自虐)、少しずつ細々と備忘録的な内容としてアップしてゆきたいと思います。



☃️⛄️ Let's build a Snowball with joy! 楽しく雪だるまつくろう!雪だるま⛄️⛄️

【ふるさと納税】今年のふるさと納税を、理想上限額を少しオーバーして完了しました!マクロ経済にもプラスと考えます。

【ふるさと納税】今年のふるさと納税を、理想上限額を少しオーバーして完了しました!



今年のふるさと納税をほぼ完了しました。私のふるさと納税可能上限額は、約●万円です。わたしはこの額を、『ふるさとチョイス』というサイトで配布されているエクセルファイルを利用して割り出しました。


上限額を割り出すためには、もちろん、今年の収入額がわからないとなりません。私は、メインの収入源とバイト代がありますので、これらの概算を足しています。さらに、私は不動産収入もあるのですが、不動産所得額についてはまだ計算が終わっていませんので、確定ではありませんが概算を計算しました。


ちなみに、今年の不動産所得はバリバリのマイナスです。売却までに空室期間もありましたし、ローン金利も払っていますし、売却にたいへんな各種手数料を払っていますので、これを入れますと結構なマイナスとなりそうです。


で、これらを勘案して割り出された納税上限額が●万円です。今年は、この額に対して、●+3万円ほど、自治体に寄付を行いました。




Q1:何故、私はこのような寄付をしたのでしょうか???


答:それでも、得をしているから。


Q2:それは何故か。


答:追加寄付によって、還元額を食い潰しておりトータルでは還元額が減るが、大した差はなく、それで納得しているから。


具体的には、全体で還元割合が約55%です。還元割合が6割を超えるものもあります。これは、自治体の還元推定額(ネット検索推定)+楽天ポイント(10%以上ついているものもある!!!!!)により計算しました。



余分に寄付をした3万円分については、
実質負担額増 = 3万円 - 還元額 1.8万円(60%) - 税効果となります。


結果、3万円に対して実質負担増加額は数千円と、大した額ではありません。この分を、寄付上限額より割り出した還元額●×55%より引き算しても、全体的には私にとってまだまだ得になっています。


また、3万円分、私(都市部)から地方への移転が起こると同時に、そのうち数割分の消費も増えます。




このふるさと納税制度による自治体の勝ち負けが昨今議論されていますが、私は、その分だけ「強制的な消費押し上げ」効果となり、日本全体ではトータルで消費が増えるのではないかと思います。増える行政コストだって、誰かの経済効果になると思いますしね。


個人家計にとっても、ふるさと納税によって可処分所得を増やす効果が出て、より消費や貯蓄・投資に回せます。


マクロ経済的にも、なかなか良い制度なのではないでしょうか?





25,000ヒット突破しました⛄️

2017年11月13日、このブログが25,000カウントを突破いたしました!ありがとうございます😊

1日約30カウントずつと、ボチボチな結果でごさいます。


もっと沢山の方々に来ていただけるほどのコンテンツをつくりあげられれば良いな〜と思っていたのですが、よく考えてみると、図も表も少なく、文字ばかりの呟き(つぶやき)ブログです。他のもっともっと魅力的な米国株系の「読みやすい」ブログに比べると、こんなブログにこれだけ来ていただけるだけで幸せと思うべきなのかもしれません!?


自分の中でも、これは良記事!!と胸を張っていえるものは、まあ、両手で数えるほどしかありません。


過去の記事も、折に触れてブラッシュアップして参りますので、もしよろしければ ▲サイトマップ▲ などより、見てやって鼻で笑ってくださいますと幸甚です。

このブログの過去の記事は気合が入っていて凄かった。インカム投資家は読み直そう!

このブログを一番読んでいるのは誰か?それは私です。最近書いた記事は、よく読み直して、色々と手をかけてブラッシュアップしていっているものもあります。


しかし、もっと前の記事は、最近あんまりみていませんでした。久し振りに見ていると、こんなのも買いていたのか、と、感心するようなものもあります。


インカムを長期で築きたい人にオススメなのは、とりあえず、ここら辺の記事です。


[129]


サイトマップも秀逸ですよ!!ぜひ、順番に読んでやってください。


番号で検索しても出てきます!

【投資の心構え】リスクをとらないリスクを考え、適切なリスクをとるには!?

【投資の心構え】リスクをとらないリスクを考え、適切なリスクをとるには!? [2017.10.27]
updated [2017.11.12]



私は、「リスクを取らないことをリスクと考える」ことが染み着いてきて約5年になります。


完全に「たが」が外れてしまって、証券の価格変動も、「10%の変動はたいした変動のうちに入らない」と思っています。


インカムがsolidしっかりしていれば、その価格が変動しようと動じない。米国債に比べれば全然リスクフリーではありませんが、ボリュームがいくらに増えてきたとしてもぐっすり眠れそうなポートフォリオを構築したいですね。


インカムの成長、増配、というものを考えると、もはやフィクストインカム(債券)のインカムだけでは私は満足しなくなってしまっています。ですが、それでもリスクフリー資産のことを忘れてはいません。




適切なリスクをとると言っても、人によって千差万別です。リスク許容度は人により違いますが、まずそれを知る必要があります。


そのためには、一年でどれだけ損しても耐えられるか?という問いに細密に答えられなければないません。



100万円まで投資してもいいけど、1万円以上損するのは絶対嫌だ!!と言う人は、おそらく、リスク資産には投資できません。外貨にも投資できません。でも、それでも「個人年金保険なら入ってもいい」と言っているなら、それは、リタラシーがなさ過ぎます。

国民年金や厚生年金ならGPIF、個人年金保険ならその会社が、その資金でどのような運用を行っているか知らなければなりません。知った上で、その中から保険会社に上前をはねられて残りが自分のものになることを甘受できれば、それも良いでしょう。ただし、そのためにはそれ相応の勉強をしてからにしてください。



リスク許容度は、毎年とれる損失額の上限を設定すれば決まります。


長期で投資をしていると、必ず、どこかで含み損や実現損をかかえる時がくると思います。でも、挫けずに必ず投資を継続することで、そのリターンは平準化され、一定の値に収斂(収束)してくるはずです。おそらくは、正の値になることを信じて。そして、この値が無リスク資産のリターンよりも良いことを信じて。無リスク資産のリターン (例えば米国債利回りの約2.5%としてみる) よりも悪くなるかもしれない、と思った場合、その投資はあきらめて、米国債のみに投資する方がずっと枕を高くして眠れます。


山崎元氏等の記事を参考にして、毎年とれる損失上限額と毎年の平均ボラティリティ・偏差から逆算すれば、リスク資産に割ける金額が算出できます。これが一般的な考え方になります。


そして、今度は本当の投資に「慣れる」ことが必要です。日々の価格変動を受け入れ、持ち続ける。

10万円だったら、1日に数千円。
100万円だったら、1日に数万円。1年で数十万円。
1,000万円だったら、1日に数十万円。1年で数百万円。
10,000万円だったら、1日に数百万円。1年で数千万円。
これくらい変動しても、耐えられるか。いえ、耐えなければなりません。その反動に、本当に耐えられる人のみが投資を継続できるのだろうと思います。



そのため、ファンドにしても、個別銘柄にしても
己が信じる投資対象に絞り、信じ続けることが必要です。



★★★リスクをとるために必要なもの★★★
① 資金量、追加できる資金
② 信じるに足る投資対象
③ 信じ続けること
④ 耐え続けること、慣れ


これらをもって、初めて成功への道が開かれるのだろうと思います。



⛄️雪だるまつくり続けよう! Let's keep on rolling your Snowball! ⛄️

24,000ヒット達成ありがとうございます!我が家の経済近況報告

[406] 24,000ヒット達成ありがとうございます!我が家の経済近況報告 [2017.10.10]
updated [2017.11.24]


昨日の2017年10月9日、24,000ヒット達成しました!

このブログは、1年前ほどは頑張って記事数も質も伸ばすブログだったのですが、だんだん数ある米国株系のブログの波に押されてしまっています。


現在は、図も少ないダラダラ系の、不定期アップのブログに成り下がっています。

しかし!私の投資熱が冷めて来た訳ではまったくありません。そこら辺は情報収集を怠らず、頑張っても報われない?ブログ業は省エネしつつ、現実世界では仕事も私生活も頑張っています。

文字だらけで読みにくく、さらにつたない文章かもしれませんが、私の投資備忘録としてのブログにお付き合いくだされば本望です。

よろしくお願いします。





我が家の近況報告


先月、不動産整理第三弾がやっと終了しました。その残債整理のため、私の雪だるま兄ファンドのうち尊い預金◯年分を拠出しました。その額およそ70雪玉。

私の貴い労働の対価が、一夜にして儚くも召し上げられていきました。アーメン。


実は、3カ月ほど前に、駅近に引越しをしました。仕事の都合です。それに伴い、生活費が若干上がりました。家賃が約5割も上がり(モトが安かった)、広くなって光熱費も少し上がり、さらにジムに入会して、その分生活費が上がっています。

仕事の都合なので仕方ないです。でも、今の住環境には満足しています。


とりあえず、これらを埋め合わせるべく、収入も少しだけアップを図れました。この労働収入のアップで、生活費の上昇をある程度埋め合わせることができました。ちょっと安心。


私の苦しくてショボい経済基盤を確立するため、まだまだ頑張らなくてはなりません。


不動産をあらかた整理してリスクをさらに減らせるようになるまで、まだあと数年〜10年ほどの努力が必要です。


私は、アーリーリタイア/セミリタイアしたいと思っていた時期もありましたが、今の仕事はなんだかんだ言って好きです。楽しいです。
想像以上にキャッシュフロー目標30,000ドルが早く達成できたとしても、65歳、下手したら70歳くらいまでは仕事をボチボチ継続したいかな、とも思っています。



⛄️ Let's build a nice and big Snowball! すごくでかい雪だるまつくろう! ⛄️

命題:投資でミスター・マーケットを無視できるか?

バリュー投資では、タイミングを図って投資しようとします。

タイミングを図っていい球を待ち続け、ホームランを出して成功することもあるでしょうが、ストレートを見逃して失敗すること、ファールばかりになってしまうこと、空振りすることもあるでしょう。毎回必ず打点をあげられるわけがありません。


私は株式市場というバッターボックスに立っていますが、よく完全に試合を降りて、単なる観客になっています。月に数回、バッターボックスに立っている振りをするくらいで、本当に打ちに行くのは毎月1回くらいのものです。でも、そんなに期待せずに。


毎日のように、トランプの発言やらなんやらで、為替や株式市場は荒れています。これに一喜一憂して毎日切った張ったのトレードに明け暮れるなんて、私には向いていませんし、割に合いません。


「株価とは常に変動するものだ」というように、ミスター・マーケットのせいで、市場の動向は誰にも読めません。私も読もうとは大して思っていません。

それでも、バッターボックスに立っているのは、常に株式市場にポジジョンを持ち続ける、と決めているからです。ただ、ミスター・マーケットを追い続けていては、どこかで破綻してしまいます。また、トレーダー的な資金管理も、私には向いていません。


そこで、インデックスファンド投資家と同様に、ミスター・マーケットは無視します。グレアムの提唱するように、私の資金を永遠に分割し(将来のキャッシュフローを含め)、淡々とコンスタントに市場に投入していきます。

私は、健全な投資とはリスク管理と資金管理のことだ、と思っています。



良い時も悪い時も、常に一定金額を買い付けていくならば、それはミスター・マーケットを完全に無視した投資が達成できるのでしょう。

今のような米国市場が割高かも?というような環境の場合は、割安になるのを待ち続けて買い場を逃すよりは、ドルコスト平均法によって少しずつ資金を投入していくのがベターな投資方法かな、と思います。


しかし、来るべき暴落相場の時季に備えて、キャッシュポジションも別に積み上げていくのは賢い方法です。これもまた然り、ベターな方針でしょうか。

来るべき暴落相場では、今よりもおそらく割安となり、バリュー投資家として、多めに資金を投入することになります。これは、ミスター・マーケットを少し意識していることに他なりません。



命題に対する答え:ミスター・マーケットは完全には無視できない。



バリュー投資をしようという命題と、ミスター・マーケットを無視する「完全ドルコスト平均法投資」は相容れません。



しばし逡巡して。

結論としては、一個人投資家としては、平時はドルコスト平均法を取り入れ、調整・暴落時にはバリュー戦略がより頭を擡(もた)げてくる「いいとこ取り」の投資方針でもかまわないのではないか、と認識しました。



割安感が乏しい・よくわからないときは、従来のドルコスト平均法的な資金管理を継続する。

明らかな暴落・低迷期は、どこかでどかっと投入するというよりは、一回の投資額を1〜2年間増額する。

そして、「投資とは、結局はリターンを得てナンボ」のものであるから、納得できるリターンを上げられたときは、利確も許容する(ミスター・マーケットを利用することにほかならない)。



よし、これで行こう!


⛄️ Let's build a Snowball slowly but constantly! (ゆっくり、しかし継続して雪だるまつくろう!)⛄️

「分散投資は安全だが、リッチになれない」けどいいの?リターンの読める投資とはナマ債券投資



「分散投資は安全だが、リッチになれない」とは、よく言われる言葉です。


世界中の株式や債券やオルタナティブに分散投資することで、リスクを相対的に下げ、現代ポートフォリオ理論で効率的フロンティアになるアロケーションを取る。これで、順当なリターンを得よう、というのがスタンダードな分散投資です。


このときの期待リターンは、言う人により、7%だったり6%だったり4%だったりします。


しかし、これだけのリターンでは、「これっぽっち」であり、「投資」としては正解ですが、爆発的に資産を増やしてリッチになるのは、さすがに無理です。

では、やはり、尋常ならざるリターンを求めないといけないのでしょうか?

それは、間違いなく「投機」になります。



で、私は、「分散投資は安全だが、リッチになれないけど、いいの?」と言われたら、「いいよ。しょーがない」と答えます。それなりのリターンで満足します。

尋常ならざるリターンを得なくても、時間をかけていつかは目標の年間インカム30,000ドルを達成する目論見です。それでいいです。私の人生は一度であり、さすがに大きな賭けには出ません。投機に手を出して大きな失敗をして市場から退場していった人たちは数多いるからです。





そもそも、株式投資は「リターンが読めません。」

しかし、債券投資はナマ債券であれば「リターンが読めます。」

米国債オンリーに投資すれば、全世界分散投資に比べればもしかしたらリターンは低いかもしれませんが、確実にリターンが読めますし、世界で一番安全な資産を保有でき、リスクフリーレートが取れ、ストレスフリーです。このマインドになる事が大事です。

ただし、米ドルに信頼を置くべきこと、ドル円の動きを許容するべき事、ではあれど、過去長期では米国債のリターンは円高による影響を吸収して円建てではあってもプラスリターンであったことを了承しないといけません。




私は幸いまだ30代と比較的若いので、最初は米国債・豪国債に投資していたのですが、多少の紆余曲折の上、米国株中心のポートフォリオに切り替えました。米国株の一部をウォーレン・バフェットの言うように「擬似債券」と見立てて、これによる投資をしようと試みているわけです。あまり上手くないもののリスクは取りながら。

なので、「たまたま儲かった時」には一部利確するかもしれませんが、それ以外は、リターンがある程度読めると仮定して(あくまで仮定)、平均リターン6%を目指したいな(願望)、でも、米国債と同等かやや劣る結果になっても受け入れるよ、と思って(超長期ではさすがに下回らないとは思いますが)、粛々と投資していきたいと思っています。

擬似債券的投資を目指しながら、少しだけならば、グロース株等、サテライト運用として組み入れてもバチは当たらないかなとも思っています。何故なら、すでに利確済みのリターンもあるし、リスク総量を絶対額で測っているから。


いずれにせよ、もしも米国債の方がどう考えても魅力が大きい時代にまたなってきたら、米国債に投資の軸足を移していく予定です。



21,000ヒット!私が投資対象としたいものを再確認しました



本日2017年7月10日、21,000ヒットを達成いたしました!


ここで、私が投資対象として思っている銘柄の◎✖️を書いておきます。



米国長期債(10年以上)、
米国REIT(リターンに米国債レート+2〜3%以上を要求したい)、
バリュー投資と言えそうな欧米の株式銘柄のうち、
「高配当だが低成長」銘柄、
「中配当で中成長」銘柄、
「低配当だが高成長」銘柄
これらの高・中・低は、S&P500平均と同等のものを低とした時の基準。
ただし、配当成長を入れても米国長期債(10年)をトータルでアンダーパフォームしそうなものは対象外。


✖️
米国債よりも魅力のない株式、
無配当銘柄(バークシャーハサウェイ株を除く)、
グロース株の大部分、
日本株の大部分


これらに入っていないもの(新興国株式、米国以外の債券、J-REIT)は、グレーゾーン的な位置付けです。


株式ポートフォリオとしては、◎に挙げた、「高配当だが低成長」銘柄、「中配当で中成長」銘柄、「低配当だが高成長」銘柄を適度にミックスしたポートフォリオを目指し、平均的には悪くても4%、できれば6〜7%を狙っていければ良いなあと思っています!

イールド・オン・コスト(YOC)とは



イールド・オン・コスト(Yield on Cost: YOC)とは、その名の通り、コスト当たりのイールドことです。


YOC = 現在の年配当額 ÷ 最初に払った取得額


で計算されます。

例えば、10年前株価50ドルで取得、当時の配当1.5ドルだった株式が、現在株価100ドル、配当3ドルとします。
すると、この株式は

10年前の利回り = 1.5 ÷ 50 = 3%
現在の利回りcurrent yield = 3 ÷ 100 =3%

ですが、

YOC = 3 ÷ 50 = 6%

と計算されます。10年で倍に増配しているので、この株式を買った人にとっては利回りが一見倍になっているように計算されます。


米国を中心とする配当(成長)投資家 dividend growth investorにとってお馴染みの指標です。私もこのブログ内で何度も言及しています。この値が高くなればなるほど長期保有する甲斐が感じられますよね。私は、とりあえずこのYOC 10% をとりあえずの目標としています。

YOCは通常、配当再投資による増加は含まないように計算すべきです。
私は、実現益や配当再投資を含む指標を、勝手にmYOC (modified YOC)と呼んでいます。



ただし、あくまでもこの指標は「買った当人にしかあてはまらない」値であることにはよ〜くよ〜〜く注意しましょう。




例えば、配当が成長しまくり、いくらこのYOCが20%!と意気込んでいたとしても、株価が買った当時の何十倍にもなりcurrent yieldが1%くらいだとしたら、その株価はいくら何でも割高すぎる可能性があり、売った方が良い場合もあるからです。


current yieldやPER、PBR等をよく見て、売り買いの判断はあくまでも「YOC」ではなくその時々の市況判断でもって行うべきものだということに注意しましょう。


アメリカ人の書き込み等で注意されていたこと思い出し、これを記事としました。将来の自分に向けたメッセージでもありめす。

一部の銘柄を売りたい気分になっています

基本的に、dividend growth investorとしては、優良と思われる株はずっと持ち続けようと思っています。

しかし、またいつ、暴落や景気後退期に入るとも限りません。


持ち続けても良い銘柄と、売っても良い銘柄をきっちりと分けておく必要はあるものと思っています。



売っても良い銘柄は、感情的には「含み益がある」銘柄になりがちです。

本当は関係ないんでしょうけれど、売ればプラスになるものは、含み益が消えてしまう恐怖に耐えられないものは現金として確保しておくべきか?ということです。仕方ない。

その筆頭に挙げられるのは、キャタピラーCATです。

18,000ヒット!早くも不動産整理第3弾が決定!!





本日2017年5月2日、18,000ヒットを達成しました!

ブログもしばらくお休みしておりご迷惑をおかけしました(笑)


この間、変わった事といえば、不動産整理第2弾がまだ未完の最中、早くも次の整理が決まった事です。



次も売却する価格と売却先が決まったのです。


いや〜早いよね。


1年前の今頃は、まだ、売るべきか、売らずに継続するべきかまだまだ悩んでいる最中でしたから。



いや〜〜。

私が行なっている米国株投資の単位とは全然違う規模ですから、不動産の売却には非常に大きな決断力が必要でした。


しかしながら、昨年末の私のバランスシート(貸借対照表)分析により、少なくとも私の債務超過が解消されたことで、私のマインドは急に生き生きしだしました。これにより、私の経済的人生は悲惨な末路からはとりあえず逃れられたのです。


あとは、いかにして資産を整理・組み替えられるか。これが試されます。


流動負債も固定負債も極力ないバランスシートを作り上げる、というのが私の今の一番の目標です。あとは、いかに良い資産を増やして行くか。この中心としてドル資産に軸足を置いていくことを主眼にし、あとは、雪だるまファンド(基本は弟ファンド)の運用に精力を注いでいこうと思います。

応援お願いします!


⛄️ Let's build a stalwart Snowball! (堅固な雪だるまつくろう!)⛄️

不動産整理第2弾が進行中です



私は、不動産整理をすすめながら、並行して証券投資を行っています。

もう行ってしまっている不動産投資をどのようにして、再投資や出口戦略をどうしようかと2年間ほど悩みに悩んだ結果、「売れる時に売ろう」という結論に至りました。


そして、今、2戸目を売ろうとしています。

売買契約の手続きは済み、決済日を待っているところです。


不動産を買った時よりも、手続きが非常に煩雑で、面倒臭いです。
実印を含め、何十回かハンコをつき、郵送したり受け取ったり。コピーしたり。印鑑証明をとりにいったり。

電話している時間、コンサルトの時間も含めると、売却の手間に、少なくとも4時間はかかっていると思います。時給に換算するとそれなりですよね。

司法書士にかかる費用、仲介業者にかかる費用、銀行にかかる費用等、いろいろです。


これらをする費用と手間を考えると、不動産投資の総コストは莫大です。

修繕積立金や空室に伴うコストを除いても、固定資産税、都市計画税だけで、購入額の3〜4%はかかります。

これに、不動産取得税、売却のコスト等を足して毎年ならすと、投資総額に対する毎年のコストは莫大です。


はやくできるものは売り払って、楽になりたいと思っています。

損切りしないといけないような銘柄は、買うな。

[380]


損切りしないといけないような銘柄は、買うな。

shiaishuuryou


去年、このような記事を書きました:

[133]損切りはしないといけないのか?



今でも、まったく思いは変わっていません。

含み益の銘柄も含み損の銘柄もどちらも保有を続けています。たまたま、今はトータルではプラスとなっていますけれども、私の投資の目指すところ、目標はまだまだ遠く数十年先ですので、現在のプラス率はあまり気にしていません。

買った後に上がろうが下がろうが、当分気にしませんので、当然、損切りをしようとも思いません。

買い増しを、特別な「ナンピン買い」とも思いません。



長期投資では、個別銘柄でなくてもよいですが、何か買った対象をすぐに売却することを検討するのではなく、どっしり構えて長期で保有し、結果的に大きく儲けてしまおう!とする気概が必要なのだろうと思います。



そのためには、以下のどちらかの投資しかないのではないかと思っています。

(1) インデックス投資

(2) バリュー投資




私は今、これらのうち、個人的に (2) を選択しているに過ぎません。

何故なら、バリュー投資の方が面白いから!

そして、そこから派生しているDividend Growth Investing 配当成長投資も面白いです!



⛄️ Let's build a big Snowball with ease! (楽チンに、しかしでっかい雪だるまつくろう!)⛄️

投資額、配当額をさらすのは良いことなのか?




私は、はっきり言って資金力はまだまだ少ない投資家です。


巷のブログを拝見しますと、私の保有額を遙かに超える投資額をネット上にさらしている方々が多く見受けられます。私(30代半ば)より若いのに。

それに比べて、私の資産は、純資産でいうとやっとマイナスからプラスになったばかりです。

羨ましいな〜と思いつつ、私は私。と思って粛々と投資を進めていくしかありませんね。



一つだけ嬉しいのは、証券投資歴が、いつの間にやら5年を過ぎ、6年目に突入していることですね。意外や意外。もう、そんなに経ったんですか!^_^!

やっと、ヒヨッコが少し大きくなりかけたところです。米国株投資については、開始して2年半が経ちました。



ブログ上に、実際の金額をさらすのはちょっとおこがましいなぁと思い、少し前に「雪玉」という単位を思いつきました。この雪玉という単位は、皆様の想像にお任せしますが、いつか気が向いたらすべて実数で書く時がくるかもしれません。びくびくしながら(笑)



Let's build a colossal Snowball! (巨きな雪だるまつくろう!)

タンス預金を




タンス預金で投資をしましょう。


もともと、「箪笥預金」とは、江戸時代あたりに、おかみさんが売上の一部をわざと抜き取って箪笥に隠していた、いわゆるヘソクリのことを言っていたようです。

このタンス預金ないしヘソクリを貯めるのも良いことなのでしょうが、どうせなら、これを投資に回しましょう。



完全に使わないタンス預金ならば、一部は、ゴールドに換えるのも一興かもしれません。箪笥に現金をしまいこんでいると、いつの間にか、その価値はインフレに蝕まれてくることになることでしょう。

インフレに打ち勝つためには、インフレに強いとされる実物資産(ゴールドや不動産)やエクィティ(株)を持たなければなりません。

また、現金よりは、債券の方が金利もつきますから、インフレに対する耐性もあります。


私の投資の目的には、このインフレに克つためという目的も含まれています。

私の現在の投資内容で、30年後の老後にインカムがいくらになるか?





もし、年率7%で運用できたとしたら、複利の力により、10年間で資金を倍にできます。

配当株投資でこれが達成できれば、配当の額も、同じように10年間で倍になることが期待できます。



私はまだ30代半ばですので、老後まではあと約30年はあります。30年なら、倍の倍の倍ということで、8倍になることが期待できます!また、20代の若者なら、40年の運用が行え、16倍にできるかもしれません。
10年前に投資を始めていればよかったなあと思うこの頃です。





私はサラリーマンを頑張りながら生活しているかたわら、投資を継続しています。

今現在の配当年間約2雪玉が、配当再投資も含めて年率7%で回してゆけますと、約8倍ということで年間約16雪玉となります!年間16雪玉はすなわち、月に約1.33雪玉です。

じゅるり。

今のぶんを再投資していくだけで、老後はこれだけの配当が得られるのかぁ。安易な取らぬ狸の皮算用にとどまらないことを祈っています!もちろん、これで生活するのにはまだまだ足りない額です。




これに加え、今後投資していく資金分からも配当や金利をいただいていきますが、その分は別計算しまして、もし2%配当、5%連続増配の株へ月間1雪玉ずつ追加投資していけば、30年後には年間約24雪玉分の配当がもらえます。

先ほどのと合わせて、年間40雪玉ですね!月に3.33雪玉ぶんの配当となります。

じゅるりじゅるり。





さらに、現在は投資の加速期間ということにしておりまして、月々の積立額が弟ファンドへ1雪玉、兄ファンドへ1.5雪玉のところ、余剰資金からの移行を上乗せして、弟ファンドへ倍の2雪玉、兄ファンドへ倍の3雪玉としています。月に合計5雪玉でして、年間60雪玉を絶賛積み立て中です!


株式を買うのは弟ファンドですので、この弟ファンド分として、今年2017年は年間24雪玉分+現在の配当など再投資2雪玉分=26雪玉を買い付ける予定です!


複利効果は、最初のうちにどれくらいブーストできるかによって大きく異なってくると思います。


良い時も悪い時も淡々と買い続ける投資ですので、現在の割高感?などにも臆せずに果敢に積み立ててゆきましょう!



Let's build an enormous Snowball! (巨きな雪だるまつくろう!)

雪だるま兄ファンドに積み立てました




私は、通常の雪だるまファンド(弟ファンド)は基本的に株式で運用していますが、兄ファンドも運用しています。

兄ファンドは、不動産決済用のファンドで取り崩していく運命にあり、いつかは解散して弟ファンドに吸収されます。債券あるいは現金の積み立てを行います。



兄ファンドには、資金が約80雪玉ほどあったのですが、2月の不動産決済により半分程度の取り崩しが発生しました。

それにより、80雪玉が約45雪玉に減りました。

これを、また積み立てていっては取り崩しを繰り返し、兄ファンドのお役御免になるまでしばらくの辛抱をしつつ、弟ファンドを大きくしていくことを夢見ています!


Let's build a mountain ridges of Snowball! (連なる峰のような雪だるまつくろう!)

16,000ヒット!投資は、最初のうちが肝腎です





本日2017年3月26日、16,000ヒット達成しました!


私の投資は、登山にたとえると、まだまだ始まったばかりで、麓の方です。


しかし、もう、登り方は決めています。


普通の登山と違って、投資は、最初の方が大変です。5合目くらいを過ぎると、あとはほぼ自動的に増えていきますから、その5合目に達するまで、最初の方は地道に種をどんどん蒔きつづけて行こうと思います!




Let's build a mountain of Snowball! (山のような雪だるまつくろう!)

収入が増えれば増えるほど税金負担も増える(超累進課税)が、それでも日本は働きやすいか?

収入が増えれば増えるほど税金負担も増える



日本の所得税の税制は、「超累進課税」となっています。


「累進課税」とは、所得額が高い部分ほど、税率が高くなる事を言います。低い部分は5%だけれど、高い方は10%、20%、33%など。


このように税率が決まっているのですが、たまにある勘違いがあります。
「俺の所得全体からまるまる10%の所得税がとられる」
「私の所得全体にまるまる20%の所得税が課税される」
のはどちらも間違いです。



そして、「超」って何?と思いますよね。所得税がウルトラ(超の英訳)高くなる訳ではありません。所得額がある一定を「超えた」部分で、課税が高くなるよ。と言うことです。私も昔は誤解していました。




ここで、平成27年以降の所得税率表をカンニングしてみましょう。

課税所得額(基礎控除額38万円等を控除後)が
0〜65万円の部分は、所得税は0
65万円〜195万円の部分は、所得税は5%
195万円〜330万円の部分は、所得税は10%
330万円〜695万円の部分は、所得税は20%
695万円〜900万円の部分は、所得税23%
900万円〜1,800万円の部分は、所得税33%
1,800万円以上の部分は、所得税45%
この様に、どんどん上がっていきます。




ごく一部の1,000万円や2,000万円プレイヤーは、目ん玉の飛び出るくらいの税金がかかってきます。当然、住民税も約10%かかってきますので、感覚的には上の表の値に10%をプラスした税金となります。

つまり、所得のそんなにない人が、バイトで追加で10,000円を稼いだ場合、そのうち住民税を入れて10%や15%の税金負担で、残りの90%や85%が自分の取り分となります。一方、年俸3,000万円のプロ野球選手が追加で10,000円を稼いだ場合、そのうち住民税を足して55%は税金が徴収され、残りのたったの4,500円が自分の取り分となります。


言い換えると、同じ9,000円を追加で出費するために、多くの人は10,000円を稼げばいいところを、高額報酬の人は20,000円稼がなければいけないんですよね。


これは、公平な世の中と言えるでしょうか?

否。

所得の再分配機能としては働きますが、ある意味「平等」ではないように感じます。私は、少なくとも頑張ったら頑張っただけ報われる、と言う風には感じません。結果的に、日本の税収のかなりの部分は、日本の数%もない高額納税者によってもたらされています。

このような人たちには感謝しないといけません。



それほどまでして日本で賃金を得ていくことを考えると、突き詰めると、日本で働きやすいかという問いは、日本の社会に満足できるかどうか?ということにかかってきます。

否。

私は、やはり、日本の慢性的なサービス残業精神、自己犠牲精神や少ない休暇でもってしても人口一人当たりのGDPは先進諸外国に劣る、という事実からして、日本でひたすらに賃金を追い求めて働き、追加で税金を納めつづけるのは割に合わないと思っています。




よって、結論。

できるだけ投資活動に勤しみましょう!

私は、投資活動で、キャッシュフローを得て生活の足しにするセミリタイアを目指して頑張ろうと思います!

日本では、配当や金利というインカムゲインや、キャピタルゲインにかかる税金は一律20.315%です。これは、所得税+住民税率の30%、33%、43%、55%よりも幾分も安いです!


一律にかかる税金の方がフェアーだと思うのは私だけでしょうか?

1億円欲しい…

1okuenhoshii

雪だるま弟ファンド、兄ファンド

snowball bros_s

「不労」所得はあり得ない

[352]




「不労」所得とは



早期リタイア(アーリーリタイア)やセミリタイアを目指そうとする人は、皆、「不労」所得を得ようと頑張っています。

何も手間をかけずに、タダでお金が流れ込んでくる。
このことを、皆、不労所得と呼んで、黄金郷(El Dorado、エルドラド)を追い求めるが如く欲しています。


「不労」所得はない



しかし、そのキャッシュフローは、タダでは手に入りません。

配当であれ、金利であれ、家賃であれ、権利収入であれ、キャッシュフローを得るためには、その元手や、仕組みを作るために努力したり智慧を絞ったりする必要があります。


すなわち、「完全に労せずに得」られる所得はさすがにありません。不動産など多大なるメンテナンスが必要なものもあります。なので、「不労」所得という言葉は語弊があります。


この「不労所得」は、「パッシブ(受動的な)インカム」の誤訳あるいは意訳であったという説があります。


ここは素直に、「パッシブインカム」と言い換えたほうがよいでしょう。


「パッシブ」インカムの重要性




自らが人や組織に使われ、労働の対価として得る給料(能動的なインカム!?)以外に、負債のない「パッシブインカム」を作り、それを大きくしていくのが、セミ〜アーリーリタイアを目指すために必要なことです。

その収入源は、できれば複数あり、分散化していればよいでしょう。

私は、煩雑な家賃収入よりも、金利や配当の方がメインたるべきと思って投資を行っています!

最初は少なくても、その収入を複利で極大化させてゆきましょう!








_____________________________________________________
TOPページ▲  ★サイトマップ★  ◆記事一覧へ
 ______________________________________________
雪だるまファンド基本運用方針-改訂第4版-
附則-雪だるま兄ファンド
_____________________________________________________

↓ ポチッとしていただけると励みになります! 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ   
㊑にほんブログ村   人気ブログランキングへ


昨日14,000ヒット達成!そして1億円達成しました(仮)!

昨日14,000ヒット達成!そして1億円達成しました(仮)!



昨日2017年2月26日、前回より12日後に次の1,000の追加で14,000ヒットと相成りました。皆様ありがとうございます。この次の1,000がいつかいつかと思うのが、密(ひそ)かな楽しみとなっております。





そして、2042年◯月△日、念願だった純資産1億円を達成しました(仮)!

毎月10万円を30年間休みなく積み立て投資してきまして、時価1億円を達成しました(仮)!
積み立てた総額3,600万円が、約3倍となった計算です。
配当も税込年額300万円超えを達成しました!
年率6%複利のなせる技です。

もしも、年率10%ものリターンが得られていたなら、毎月10万円の積み立てでなんと時価2億円(さらに倍!)になっていたことでしょう。瞬間的にはそれを夢見た時もありましたが、相場を自らコントロールはできませんから、この投資内容で満足したいと思います。




…と、このような日を夢見て、積み立てを継続してゆこうと決意を固くしました。


⛄️ Let's build a stalwart Snowball! (強固な雪だるまつくろう!)⛄️





_____________________________________________________
TOPページ▲  ★サイトマップ★  ◆記事一覧へ
 ______________________________________________
雪だるまファンド基本運用方針-改訂第4版-
附則-雪だるま兄ファンド
_____________________________________________________

↓ ポチッとしていただけると励みになります! 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ   
㊑にほんブログ村   人気ブログランキングへ


IBMが、今月株価180ドルを回復!【投資ルール】自分の買い増し方を再考察しました。

[348] IBMが、今月株価180ドルを回復!【投資ルール】自分の買い増し方を再考察しました。 [2017.2.25]





IBMの株価推移と過去の買い方を見ながら、私の買い方を考える糧に。



IBM (International Business Machine) という企業は、以前は違いましたが、今や超名の知れたバフェット銘柄です。

eWatsonという人工知能を開発しており、日本でも大きな存在感のある企業と思います。



この銘柄は、私は去年、2回に分けて買いました。



1回目は約170ドルの時、約2雪玉分。

2回目は約130ドルの時、合計時価が約4雪玉になるように買い増し。

合計の平均買値は約150ドルです。その後、120ドルくらいを着けた後、またゆっくりと株価が上昇してきて今に至ります。


2017年2月に入ってから、180ドルを回復してきました。

回復、というのは、過去は200ドルあたりをしばらくウロウロしていたからです。この頃に買っていた人は、120ドルまで下がってくるまでは戦々恐々としていたに違いません。

しかし、バフェットは、こういう時こそ買い増してきました。


バフェットが具体的にどう思っているかはよくわかりませんが、買い増しの考え方は、個人個人で決めておいた方がいいかもしれません。




マイルールの確認。



私は、投資方針改訂版でも掲げているように、

(1) 個別銘柄は、ポートフォリオの5%までを目標とすることにしています。

また、

(2) 特別に認定した場合は、10%まで認める。

ということに改訂後はしました。

この特別な場合というのがくせ者かもしれません。





私の基本的な考え方は、もともとは等金額買い付けでした。この買い付け額は、ズバリ、最初2雪玉。

買い増す時も、次は2雪玉。

こうしていました。しかし、もちろん、株価の上下動があり、評価額は変わってきます。


マイルール補足:株式の買い増し方



試行錯誤を繰り返してきましたが、今の考え方は、

私が暫定で決めたドリームチーム20銘柄は、そこまで深く考えずに、保有評価額が相対的に少ない銘柄を順次買って行き、そのときどきのポートフォリオの評価額の5%〜10%くらいまで折に触れて買い増す。

もし、その他にちょっと待っておいても良いかなと思える銘柄がさらにでてくれば、まず、1雪玉か2雪玉買ってみる。もし、もっと増やしたければ5%以内まで増やしてもよい。でも、増やすならドリームチームをまず優先するかな。

年間の配当総額は2雪玉を超えてきたので、ドリームチーム以外の銘柄は、各2雪玉程度以下なら、とりあえず持ちっぱなしで放っておいてもまあいいだろう。



こんな感じかな、と思います。

私はバフェット太郎氏のようなすごく潤沢なキャッシュフローはないし、10銘柄やそれ以下に絞り込むことはしたくないです。

買い増していく銘柄(要塞を縦に大きくしてゆく)と増やさないかなーという銘柄(要塞の裾野を広げてゆく)を決めたような感じです。


皆様はどうでしょうか?






_____________________________________________________
TOPページ▲  ★サイトマップ★  ◆記事一覧へ
 ______________________________________________
雪だるまファンド基本運用方針-改訂第4版-
附則-雪だるま兄ファンド
_____________________________________________________

↓ ポチッとしていただけると励みになります! 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ   
㊑にほんブログ村   人気ブログランキングへ


「お金が欲しい」自分に素直に、もっと欲を持とう!

[345] 「お金が欲しい」自分に素直に、もっと欲を持とう! [2017.3.6]

1okuenhoshii


お金が欲しい。




これっぽっちじゃ足りない。

もっと稼ぎたい!

もっと!もっと!



目標は1億だ!

いや、1億どころか、10億だ!

そうだ、もっと目標は高く!

行け。

行けよ、行けばわかるさ!



でも、リスクが激増するのは良くない!

もっと賢く、低いリスクで大きなリターンを得る方法はないか?


確実に投資の果実を得続ける方法はないか?

損をしないようにする為にはどうすればいいか?





いつまでも、投資には探求心が必要です。追い求めたいですね。





_____________________________________________________
TOPページ▲  ★サイトマップ★  ◆記事一覧へ
 ______________________________________________
雪だるまファンド基本運用方針-改訂第4版-
附則-雪だるま兄ファンド
_____________________________________________________

↓ ポチッとしていただけると励みになります! 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ   
㊑にほんブログ村   人気ブログランキングへ


NISAとiDecoの読み方にもの申す!

[331]




昨日、2月13日はニーサの日だったのだそうです。


NISA(少額投資非課税制度)は、普通に「英語」読みすると、「ナイサ」と読むはずの単語です。
それを、勝手に「ニーサ」と読ませているのは、個人的には「何語で読ませているのかわかりません。」

日本語としても、普通に読めば「ニサ」になります。ドイツ語で読めば「ニザ」か「ニーザ」となるでしょう。

常識から外れた読み方をつけるのは、やめていただきたい。もう、「ニーサ」が定着してしまうじゃないですか。

そして、「少額」も微妙なネーミングでした。



それから、iDeco(個人型確定拠出年金)。

これも、普通に「アイデコ」か〜と、普通に読みました。
大文字の前に語頭の小文字iをつける用語は、英語圏では今まですべて「アイ」の発音であると思います。

これを破って、「イデコ」と読ませてしまいました。
悪しき前例を作ってしまいました。
センスを疑います。

ラテン語読みをさせると確かに「イデコ」になりますが、それなら、語頭を小文字にすべきでない。

何も分かっていない。



こういう残念な名前を見るたびに嫌な気分になります。

日本人が日本で使う名称なのだから、アルファベットでなく、漢字かひらがなの用語を作ればいいのに。

それぞれ、「少税制」、「個定年金」とかでよかった。



日本人の固有の造語能力は、昭和以降、インド・ヨーロッパ語族のせいで壊滅的になりました。いわゆる、カタカナ・アルファベット用語はやめましょう。

山崎元氏の「リスク資産への投資額」を整理し、「リスク資産の取り崩し」というリスクを考察しました

[330] 山崎元氏の「リスク資産への投資額」を整理し、「リスク資産の取り崩し」というリスクを考察しました [2017.2.13]
updated [2017.2.21]



私が尊敬する人の1人が、経済評論家の山崎元氏です。最近も、ぶれることなく色んなところで単純明快な解説をされており、安定感を感じています。



山崎氏は、投資(特にリスク資産への投資)に対する許容度を、基本的に『額』で決定することを提唱されています。

額ということは、それは他の無リスク資産との比率ではないということです。絶対値ではかる、ということです。


もっと具体的には、損してもいい絶対額ではかるということです。


山崎元氏によると、リスク資産への投資額は「最悪の場合、1年後に3分の1損するかもしれないが、同じくらいの確率で最高4割くらい儲かって、平均は5%くらいの利回りのものにいくら投資するか」という質問にしたがって自問して決めろ、とのことです。


この損失額等では、『360万円』を1単位として評価する方法を勧められています。360は、65歳から95歳までのリタイア後の期間を想定した場合の「月数」とのことです。

360万円資産が増えると、老後に、毎月1万円の貯金の取り崩し可能額が増えるが、360万円減ると、毎月1万円の取り崩し可能額が減る、という考え方をするのだそうです。


具体的に読み替えますと:
引退時に投資で時価1,080万円 (360万円×3) を保有している場合、そこから1年で最大360万円損する可能性があり、この減少により資産評価額が720万円に下がってしまいます。もし1,080万円の時に売り払っていれば毎月の取り崩しが約3万円だったのが、毎月2万円に減りますよ、という示唆ですよね。




この360万円-1万円の法則は、「リスク資産の保有を続けた結果」、元本を取り崩さないといけない時に覚悟しないといけない増減と読み替えて良さそうです。

すなわち、老後、積み立てを終了した後の取り崩しフェーズでは、毎年の評価額の変化によって取り崩し額を変化させないといけません。この覚悟を決めよ!ということになってしまいますね




この取り崩し額の調整は、口で言うよりも困難なのではないかと思います。個人的には、この元本を取り崩さずにインカムを得ることのできるように資産組み替えを図る方が、総合的には楽で、リスクも少なくなるのではないかと思います。


もし、1,080万円の時に全てリスク資産を売り払い、同額で税抜年率3%の米国債(無リスク資産)を買うとすると、毎年32.4万円(月に2.7万円)の金利がインカムとして手に入ります。すなわち、上記のような取り崩しをせずに、インカムを得続けることができます。加えて、無リスク資産であり、元本はいずれ償還されますので、元本の毀損を考える必要がありません。




まとめ



老後などの取り崩しフェーズでは、

(1) 資産形成フェーズと同様、リスク資産として保有しつつ取り崩していく

(2) 無リスク資産として組み替えてインカムを得続ける


この、(1) だけでなく、(2) の視点が如何に重要かということを考えて投資に臨みましょう!場合によっては、最初から無リスク資産のみで運用していく方がリスクリターン比で優れている可能性もあります。


私などが行っている配当成長投資は、基本的には (1) の一種と考えられ、そのうちの一部を配当として取り崩している特殊形にあたりますが、根底には、バフェットのような擬似債券の考え方が入っており、インカムに重点を置いている点、(2) に近い点がユニークです。

ただ、アメリカ人や日本人ブロガーではシーゲル流配当再投資/成長投資「インデックスに勝てる」と思っている人もいますが、そんな高望みはするべきではないと思います。


⛄️ Let's build an ever-growing Snowball!(永遠に大きくなりつづける雪だるまつくろう!)⛄️





_____________________________________________________
TOPページ▲  ★サイトマップ★  ◆記事一覧へ
 ______________________________________________
雪だるまファンド基本運用方針-改訂第4版-
附則-雪だるま兄ファンド
_____________________________________________________

↓ ポチッとしていただけると励みになります! 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ   
㊑にほんブログ村   人気ブログランキングへ


私が基本方針として2つのファンドに分けた理由。そして、現物不動産と現物株投資についての私見

[320] 私が基本方針として2つのファンドに分けた理由。そして、現物不動産と現物株投資についての私見 [2017.2.5]
updated [2017.2.7], [2017.2.11]

snowball bros_s


私が、メインの雪だるまファンドから、兄ファンドを分離した理由は、端的に言うと1つです。


「不動産を整理するための資金も運用するが、雪だるまファンドとの目的が異なるため。」


私の雪だるまファンドの目標と目的のためには、基本的には当面ずっと、株式の長期投資一本でよいためです。株式と少しのキャッシュ余力にしておけばよいし、変なリバランスも必要ないため、です。

もちろん、キャッシュポジションが非常に大きい場合は、「モッタイナイ」ので、買い出動するまではMMFや米国債などの無リスク資産にも置いておくのがセオリーです。私は、もともとはこの考え方で、債券ポジションも雪だるまファンドに組み入れていました。

雪だるまファンドは、当面はアロケーションの偏りを気にしてもしょうがないので、100%株式+REITにしておく予定です。


これに比べ、雪だるま兄ファンドは、これからあと約10年という期間を区切って資金を優先的に拠出します。この資金で不動産を整理してゆきます。散々検討した結果ですが、「流動性資産を大幅に超えるような現物不動産をあと30年も50年も保有し続ける」のはあらゆる面でイヤだ(仮に負債をすべて返済できたとしても)と思い、大部分は整理したいと思います。

具体的には、多めに考えて約300雪玉分の損切りとなります(非常にざっくりです)。今すぐにはできないため、10年スパンくらいを考えていますが、さすがにこれも株式で運用するのは私のリスク許容度をオーバーしてしまいますので、債券クラスでの運用となります。


結果的に債券クラスでの運用になったわけですが、この資金は、不動産の整理のために大部分ははかなくも不動産関連会社に吸い取られていく運命にあります。

このための資金管理と、雪だるまファンドの資金管理を遂行するためには、やはりきちん並行して取り決めをするべきと考え到り、ファンドとしてセパレートすることにしました。



そして、少しだけ投資ゴコロをくすぐるため、
(1) 兄が得た金利分くらいだけは、株式へと再投資したい→ならば、弟くんへ移管だ!
(2) 株式の本当の暴落・低迷期には、兄ファンドから弟ファンドへ資金提供してもよい!
という特約を付けました。




負債のない方々にとってはこの行為自体はあまりご参考にならないかもと思いますが、日本人が「長期」でインカムゲインを育てる投資としては、

A. 不動産でレバレッジを効かせ、他人の資本を利用して多額の金利を払いながら返済を続けて「やっと返済が終わってからの」インカム源をもち続ける(どんどん劣化していき、家賃も時価も下がり続ける)

よりも、


B. 現物株投資で優良企業に投資しながら(分散もして)配当再投資、増配に助けられながらインカム源を形成していく

ほうが、


期待リターンも高いし、増配も続けるし、時価も長期では上がる可能性が大きいということを声を大にして言いたいと思います。



もちろん、何もリスクをとりたくない人は

C. 国債のみに投資するのがベストです。


とは言え、インカムゲイン軸とした投資では、優良株も若干ミックスするのが吉と思います。


Let's build an original and ingenius Snowball! (オリジナルの賢い雪だるまつくろう!)

2015年→2016年投資結果による米国株増配率まとめ

[313]



2016年の増配率まとめ


配当・分配金推移のデータから、私の2016年会計年度 Fiscal Year の保有株の増配率をはじき出しました。

同じ2016年度といっても、企業により、会計年度は異なります。すべてをまとめて期間を一定にするのは困難です。

私が2015年途中、2016年途中で取得した株が多数ありますので、どのように集計しようか非常に悩んでいました。

ですが、ここでの集計方法のルールを決めました。



ルール1 年度内に取得した証券についても、それぞれの前年度配当と、今年度配当をすべて受け取ることを前提として集計する。特別配当は各証券ごとの増配率には換算しないが、合計では集計する。キャピタルゲイン・ロスは集計しない。

ルール2 米国株、ADR (米国預託証券)、ETFはそれぞれ別会計とし、総計も出す。

ルール3 それぞれのグループで、ドル建で前年度と今年度の増配率を単純比較する。

ルール4 ADRについては、ドルで受け取った配当合計を、年末時点での為替で換算した現地通貨建でも集計する。

ルール5 合計では、配当額による加重平均増配率を出す。この場合、税引き前ではなく、受け取った額 (税引き後、ADRの手数料引き後、NISA口座は有利な扱いとなる) の合計に基づく。

ルール6 単純平均増配率も集計する。



集計結果

総計 (米国株+ADR+ETF36銘柄) 2015年→2016年増配率
ドル建加重平均 1.819%
ドル建単純平均 3.872%
 


米国株+ADR 2015年→2016年増配率
ドル建加重平均 3.069%
ポンド・ユーロ建修正後 ?
 


米国株 2015年→2016年増配率
ドル建加重平均 4.492%
ドル建単純平均 5.715%
 


ADR2015年→2016年増配率
ドル建加重平均 ▲0.789%
ドル建単純平均 ▲0.122%
ポンド・ユーロ建修正後加重平均 ?
 



解説

いちばん重要なのは、総計ではなく、米国株およびADRのそれぞれです。

どれも、単純平均よりも加重平均の方が悪いデータとなっていますね。これは、配当が高い銘柄ほど増配率が低く、さらにそんな銘柄(AT&Tなど)を比較的多く保有している、という事実から説明できます。

米国株の中で、過去の実績よりも増配率の悪かった銘柄としては、Procter & Gamble (PG), Walwart (WMT), Emerson Electric (EMR) があります。特にPGは最大保有銘柄ですので、これが増配率の重しになっています。

2016年のデータの曲者は、ZMLPというMLPに投資するETFでして、2015年中に大きな元本毀損とともに減配に転じてしまいました。これが非常にデータの足を引っ張っています。



総評

総計ではETFが足を引っ張ってショボイ増配率になりましたが、米国株だけでみると4.492%と、思ったよりはよい値となりました!



2014年9月~2016年12月までの配当金+分配金推移です

[311] 2014年9月~2016年12月までの配当・分配推移です [2017.1.28]


75-25


2014年9月~2016年12月までの配当・分配推移グラフ



↓クリックで拡大
2016年12月まで配当推移

配当落ち日ではなく、実際に振り込まれた日が含まれる月ごとの集計です。 私はSBI証券を利用しており、振り込み日は証券会社によってやや異なるようです。

ちなみに、いちばん初めの2014年9月は、優先株ETF (PFF) からの分配金でした。これが最初だったのです。もう忘れていました。そして、晴れある本当の最初の配当は、2014年10月のAltria Group (MO) でした。

表から読み取れること



大部分は米国株の四半期配当銘柄ですので、おおまかには、四半期ごとのサイクル状に増えていっています。

なので、特に山の高い3月-6月-9月-12月のところを見ていくのが一番推移が分かり易いのではないかと思います。

これを眺めると、ほぼ直線的に増えていっています。大体の追加投資ペースが一定ということですね。増配の影響はまだまだほとんどグラフには表れません。

配当・分配銘柄を月ごとにソートしてみると



銘柄ごとに、年によって振り込まれる日がややずれる銘柄もあるのですが、以下に月ごとの銘柄を挙げてみます。

1月-4月-7月-10月配当銘柄
  Dow Chemical (DOW)   GlaxoSmithKlein (GSK)   HDV (米国配当株ETF)   IYR (米国REIT)   Medtronic (MDT)   Altria Group (MO)   Pepsico (PEP)

2月-5月-8月-11月配当銘柄
  Abbvie (ABBV)   Caterpillar (CAT)   Procter & Gamble (PG)   AT&T (T)   VOD   Verizon Communications (VZ)

3月-6月-9月-12月配当銘柄
  Chevron (CVX)   Emerson Electrics (EMR)   Helmaric & Payne (HP)   HSBC (HSBC)   IBM (IBM)   McDonalds (MCD)   3M (MMM)   Microsoft (MSFT)   Qualcomm (QCOM)   Target (TGT)   T. Rowe Price Group (TROW)   Unilever (UL)   V.F. Corporation (VFC)   Wells Fargo (WFC)   ExxonMobil (XOM)   ZMLP (MLPのETF)

1月-4月-6月-9月配当銘柄
  Walmart (WMT)

4月-7月-10月-12月配当銘柄
  Coca Cola (KO)

4月-10月配当銘柄
  Diageo (DEO)

5月-10月配当銘柄
  British American Tobacco (BTI)

毎月分配銘柄
  BND (米国債券ETF)   PFF (優先株ETF)

配当再投資



いや~、3月-6月-9月-12月配当銘柄が多いですね。かなり、月により偏りがあります。

しかし、これでよいと思っています。時期が比較的近いことで、配当再投資がしやすくなるからです。今はまだ、四半期分の配当が


0.52雪玉くらい


なので、まだまだ再投資も難しい額です。しかし、そのうち増えてくれれば配当/分配金のみでの再投資もできるようになるかな~、楽しみ。それくらいのつもりで取り組んでいきます。

本当は、日本の証券会社にも早々にDRIPs (Dividend Reinvestment Plan) を導入してもらいたいものです。



Let's build a staunch Snowball! (堅固な雪だるまつくろう!)

何があっても、投資ポートフォリオを拡大していきます


75-25


投資、とりわけ長期投資では、最終的な期待収益率は過去平均の収益率に近い値に収斂(収束)していくといわれています。そのはずです。

過去50年の米国株平均収益率がもし年率10%なら、未来もこれに近い値が望めるだろう、ということです。

この値を大幅に超過する値、例えば年率20%を長期で目指そうと思った場合、それは平均からものすごくかけ離れた値ですので、正規分布に従うとすれば、達成できる確率はものすごく低い(おそらく100人に1人以下)ものと思います。

平均収益率よりも超過リターンを得たいと思っても、ほぼ無理でしょう。

ということは、投資に目標額があるならば、より期待収益率が高いと思われる投資対象を選ぶか、同等のリターンでもリスクの低い投資対象を選ぶことによりその実現性を担保する、というくらいのことしかできないかもしれません。


私は、米国株、特に生活必需品系を中心とした大型優良株投資は、この目的にかなうのではないか、と思って投資に臨んでいます。S&P500等、全体に投資するインデックス投資も組み合わせた方が良いかもしれません。


超過リターンを得るのが困難であるのならば、目標額を達成するためには、できるだけたくさんの資金を拠出する必要があります。それも、できるだけ早めの時期に大きく。



大胆な資産配分が必要で、私はさらに不動産用の資金も大量に(笑)確保しなければなりません。

2017年、ポートフォリオのさらなる拡充を狙います。そのため、どうにかこうにか、手持ちの生活防衛資金の割合を若干減らしまして、全体額をアップさせることにしました。不動産の評価額に比べ、まだまだ証券の保有割合は低い (7分の1くらいでしょうか) ので、現金から証券に移したとしても、少々のことでは全資産はビクともしないという見方もあります。


資金の移動により、毎月の拠出分を当分増額します。ただし、焦り過ぎないようにします。


この増額した分が、今月のジョンソン・アンド・ジョンソン(JNJ)の買い増し、カーディナルヘルス(CAH)の新規買い付けに寄与しました。



増額した分の一部も、債券・キャッシュに回します。これは暴落用の資金になるという位置付けと、リスク資産を調子に乗って増やし過ぎないという戒めのためという意味合いもあります。

とりあえず、目安は平時は株式(REIT含む):債券・キャッシュ=75%:25%ないし70%:30%程度を保つように、全体額を増やしたいと思います。

当分はこの割合で行こうとは思っています。とはいえ、厳密なリバランスは必要ないような気がしています。


もし暴落し始めて株式が2〜3割減価した場合は、債券部分からスイッチで買い出動してバランスを取るのは容易ですが、もし株式が2〜3割以上増えた場合は、債券を追加投資で増やすのが追いつかないかもしれません。かといって、株式を売って実現益の税金を支払うとしたらモッタイナイです。なので、この場合は無理に売らずに静観しようと思っています。

売買回転率も極力少なくしようと思っています。

機関投資家にはできなくとも、個人投資家は自由度が高いですから、これも個人投資家の強みかもしれません。


Let's build a sturdy Snowball! (強固な雪だるまつくろう!)




今更ですが、私のファンドを「雪だるまファンド」と命名しました!基準価格も公開します

[304] 今更ですが、私のファンドを「雪だるまファンド」と命名しました!基準価格も公開します [2017.1.22]



私の投資ポートフォリオは、外国株、外国REIT、外債、外貨MMF、日本円より成っています。

2年以上前は、一時期、日本のREIT(J-REIT)、日本株が含まれていたこともありますが、現在は日本円建のリスク資産はありません。


足元では、外国株よりも日本株の方がまだ割安、と言われています。しかし、私としては、市場の将来性を考えて、日本はずし(日本円資産に投資しない)でよいかな、と今でも思っています。それよりも、魅力的な市場がそこにあるから。



投資を始めて丸5年弱、米国株投資を始めて2年と少しですが、このポートフォリオを「雪だるまファンド」と命名しました。

ファンド名 雪だるまファンド
開始日 2012年3月1日
開始額 約61雪玉
信託期間 無期限
償還日 設定なし

開始時基準価格 10,000円

2012年末基準価格 約11,000円
2013年末基準価格 約12,500円
2014年9月末基準価格(外国株開始時)約13,000円、100ドル、実現益 約18雪玉
2014年末基準価格 約
2015年末基準価格 約

2016年末
基準価格 約13,295円
ドル建て基準価格 約105.26ドル、
ポートフォリオ総額 約120雪玉、うち評価損益約3雪玉、実現益 約18+3雪玉=21雪玉
平均ドル買レート 110USD/JPY


円建て基準価格は、配当などの総実現益、再投資を含む。

ドル建て基準価格は、2014年9月の100ドルスタートが基準となる。スタート以降の配当などの総実現益を含む。

基準価格の計算法が若干間違っているかもしれません。また、再計算してみます。


_____________________________________________________

TOPページ▲   ★サイトマップ★   ◆記事一覧へ

  _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

↓目下の投資方針です↓

●資産全体:   基本運用方針-改訂第3版-[2016.5.10]

●株式portfolio:配当投資マイルール

_____________________________________________________


↓↓以下のブログランキングに参加しています。応援お願いします!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村

インカム投資とは言え、高配当・高金利を目指せばいいものではない。配当成長投資としてとるべき道

[297] インカム投資とは言え、高配当・高金利を目指せばいいものではない。配当成長投資としてとるべき道 [2017.1.12]



私は、このブログを始めて程なく、目標設定を「年間税抜きインカム300万円」に設定しました。


この目標は、金利や配当で税抜き3%もらえるとすると、元手1億円を目標にしているのとほぼ同義になります。

しかし、税抜き前のイールドで考えますと、単純計算で税込み約3.8%に相当します。


果たして、時価1億円に対して、おしなべて3.8%になるような資産構成を達成できるかというと、現実には少しあやしいのかとも思います。米国株の現在の平均配当は2%強だからです。


もちろん、配当が4%を超える銘柄として、AT&T (T)、ベライゾンコミュニケーションズ (VZ)などの通信株、サザン (SO)、デュークエナジー (DUK)などの公益株銘柄を買っていけば達成できるイールドではあるのですが、こんな高配当銘柄のみを買い進めていくと、ポートフォリオがかなり偏ってしまい、歪んだリスクを取ってしまいます


配当が3%あたりをウロウロしている優良銘柄としては、Procter&Gamble (PG)、コカコーラ (KO)、エクソンモービル (XOM) など、いろいろありますから、このような銘柄が大暴落したときに購入すれば、単独で3.8%も目指せる水準ではありますよね。



盤石のポートフォリオを築いていこうと思うならなら、銘柄を多様に分散させて行くことを考えなければなりません。この考え方からは、株式については、目先の高配当ばかりを追いかけるのではなく、配当2%〜3%の間の企業もきちんと投資対象に入れ、長期での増配を狙っていくのが必要なのだろうと実感しています

なぜなら、高配当銘柄ほど、たくさんのキャッシュを株主に還元しますから、必然的に高い成長率、高い増配率は狙いにくくなるからです。なので、たとえ今2%の配当でも、高い増配率を維持できそうな銘柄の方が結果的に将来有望かもしれません。幅広いセクターに分散し、全体的に「高配当」を目指す、というよりも、「全体的に高増配率」を目指す方が、将来のインカムを増やすポートフォリオづくりとしてはベターなのではないかと考えます。



投資対象としての◎✖️


「高配当だが低成長」銘柄、「中配当で中成長」銘柄、「低配当だが高成長」銘柄


✖️
「高配当だが不安定、減配予測がちらつく」銘柄、
「低配当で低成長」銘柄
「無配当」銘柄
「配当あるがどう考えてもグロース株だろ」銘柄





このような考えを思い巡らせつつ、「高配当低成長」銘柄〜「低配当高成長」銘柄に分散させることを目論んでいます。結果的に、時価に対して税込み約3%程度のインカムを期待するポートフォリオを構築したいかな、と思っています。

時価に対して税抜きインカム2.4%となりますから、インカム300万円とすると、逆算で時価1億2500万円ですね♪

道は未だ険し。


Let's build a sturdy Snowball!! (強固な雪だるまつくろう!!)

昨年末から導き出された私の今後の投資目標

[293] [2017.1.9]




私は、証券投資額に比べて、課題な不動産投資を行なっています。2016年末に作製した財務諸表の状況から、さらに将来を見据えて果敢に行動していかなければなりません。

その行動とは、不動産投資をどうしていくかという事が最大の懸案事項で、私のファイナンシャル人生をほぼ決定してしまうほどのインパクトです。

不動産を含む資産全体の持っていき方は、
(1) 固定負債の割合を減らす。すなわち、レバレッジを減らす。新たな負債は増やさない。
(2) 固定負債の絶対額を、固定資産評価額よりも小さくする。さらに、固定資産評価額よりも純資産額を大きくする

これらを目指そうと思っています。
これを緩和するためにも、物件の売却も視野に入れています。

最終的には、
(3) 負債を限りなくゼロにする。
(4) 流動性資産を固定資産よりも大きくする。

のが夢です。

要するに、借金をすべて清算して、その倍額以上の資産を築く、ということですね。

夢というより、現実にしなければなりません。
間違っても、資産全体のレバレッジをずっと高く保つような投資はしたくないと思っています。




______________________________________________________________________________
TOPページ▲   ★サイトマップ★   ◆記事一覧へ
  _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
↓目下の投資方針です↓
●資産全体:   [124] 基本運用方針-改訂第3版-[2016.5.10]
●株式portfolio:配当投資マイルール
______________________________________________________________________________

↓↓以下のブログランキングに参加しています。応援お願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

高利回りを追い求める愚

[289] 高利回りを追い求める愚 [2017.1.6]


高ければ高い程よい、と思って、非常に高い配当などを必要以上に需(もと)める人がいます。



例えば、投資元本100万円に対して、「毎月1万円のインカムが欲しい」といって、手数料の高い毎月分配型投資信託を買う人です。これは、「毎月1%のリターンが欲しい」と言っていることですから、ざっくり、年率12%のインカムを欲していることになります。


もし、この12%のリターンをキャピタルゲインで賄う場合。

年率12%のキャピタルゲインが出ることはザラにあるので、短期的には実現不可能ではありませんが、はたして、長期的にはずっと達成可能でしょうか?

否。

年率12%は、高すぎます。どこかで綻(ほころ)びが出てきます。なぜならば、実際のリターン期待値を上回ってしまうからです。

株式の長期リターンは、おしなべて、7%とも、9%とも、10%とも諸説ありますが、まず、この値を上回っている自体で間違っています。

投資信託ですと、毎年の信託報酬がとられていきますから、少なくともその分を引いて考えなくてはなりません。


そして、評価額は常に上下します。株価も、ファンドの評価額も、そう簡単にはコンスタントに上がり続けません。上がったと思ったら下がり、上がるかなと思ったらまた下がり、忘れた頃にやっとあがり始めること、など、枚挙に暇がありません。このようなボラティリティを示す上下動の最中で、定期的に1%ずつ抜き取っていったらどうなるでしょうか?

上がり続けているときはいざ知らず、下がっているときにお金を引き出していくと、マイナスの複利効果が効いてしまいます。

さらに、タイミングを図って売買を繰り返そうと思ったら、機会を逃したり、失敗したり、手数料がかかったりと、思うように収益が上がらない可能性が半分以上あります。手数料がかかる以上、マイナス・サム・ゲームだからです。

なので、毎月1%の分配が、キャピタルゲインでずっと賄われる可能性は、ほぼゼロでしょう。




もし、この12%のリターンをインカムゲインで賄う場合。


年率10%以上が安全に保証されるインカム源は、事実上ないに等しいです。

10%以上のインカムを定期的に出す資産といえば、中古不動産や、超高配当株、新興国債券や新興国株の一部、超高配当REITやMLP等です。しかし、これらの資産はリスクが高いことが多く、破綻や元本の大きな毀損を覚悟しなければなりません。決して盤石の投資対象とは思わないでしょう。10%以上のインカムが長期にわたって続く保証もどこにもありません。

また、毎月分配型投資信託から得られる分配金は、実際のインカムにとどまらず、元本を一部払い戻している (元本払戻金/特別分配金) ことが圧倒的に多く、実際に10%以上の実質インカムを得ていることはほとんどあり得ません。これは、本当のインカムではありません。ただの取崩しにすぎません。

中古不動産のインカムが安全だと思う人なら、ここに投資をするのがよいと思いますが、実物不動産投資は、基本的には老朽化によってコストを差し引いた実質のインカムは減っていくことが一般的です。さまざまなリスクがあり、私は万人には勧められません。



結論として、リーズナブルなインカムを出し続ける資産に投資し、その資産から実際に得られうる範囲のインカムで満足しないと、正しいインカムゲイン投資としては失格なのではないかと思います。

私は、キャピタルゲインを定期的に得ることの不確実さを考えて、売買を徒(いたずら)に繰り返すのではなく、できるだけ持ち続けて数%のインカムを追い索(もと)める投資でよい、と思っています。


Let's build a solid snowball!(しっかりした雪だるまつくろう!)


______________________________________________________________________________
          ▲TOPページ
   ★ サイトマップ★    ◆記事一覧へ
  _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
↓目下の投資方針です↓
●資産全体:   [124] 基本運用方針-改訂第3版-[2016.5.10]
●株式portfolio:配当投資マイルール
______________________________________________________________________________
↓↓以下のブログランキングに参加しています。応援お願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

ドローダウンと調整/修正の意味の違いを知りました

[287] ドローダウンと調整/修正の意味の違いを知りました [2017.1.4]


ドローダウン drawdown: 株価等が、ピークの値から底の値 peak-to-trough まで下がること。通常は、ピーク値からトラフ値までの低下の%で表す。


調整/修正 correction: 10%以上のドローダウンのこと。


これらを、ある英文レポートで知りました。

やっぱり、海外の情報は、日本の情報よりも色々勉強になるわ〜と思いました。


皆さんはご存知でしたか?知らなかったのは私だけ?


______________________________________________________________________________
          ▲TOPページ
   ★ サイトマップ★    ◆記事一覧へ
  _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
↓目下の投資方針です↓
●資産全体:   [124] 基本運用方針-改訂第3版-[2016.5.10]
●株式portfolio:配当投資マイルール
______________________________________________________________________________
↓↓以下のブログランキングに参加しています。応援お願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

明けましておめでとうございます!2017年の投資抱負は"1億円の道もコツコツと"。

[282] 明けましておめでとうございます!2017年の投資抱負は"1億円の道もコツコツと"。[2017.1.1] updated [2017.1.3]


新年明けましておめでとうございます。

新しい年となりました。私の財産・投資記録も、新しい会計年度 fiscal year として出発することになりました。

今年は、地元に帰りまして初詣に行って参りましたが、去年の初詣と同じ神社に行きました。2回目の参拝だったのですが、長年親しんだ神社とはまた違った新鮮さがありますね。

御神籤 (おみくじ) は、吉と出ました。

商売 (あきない) は、吉大利なし。
相場 (そうば) は、動かず待てば利あり。

との内容でした。


今年の相場も、無理に勝負に出ずに、粛々と投資を継続していこうと思っています。

純資産がやっとプラスに転じて (★)]、少し肩の荷が軽くなりましたが、まだまだ安心できる状況ではありません。今後は不動産や証券を含めた投資全体に関する純利益、フリーキャッシュフローともプラスで持っていけるよう、努力していきたいと思います。

★参照 [281] 2016年もありがとうございました。今年の財産告白 [2016.12.31]


もちろん、一般的な会社で言う投資キャッシュフローは、投資にお金をどんどん回していくのでマイナスの値になるのがよいことです。これは、毎年、できれば一定以上の投資額を確保できるよう心掛けます。


純資産1億円の道を目指してコツコツと。


Let's build a gargantuan snow ball ! (巨人のような雪だるまつくろう!)


______________________________________________________________________________
          ▲TOPページ
   ★ サイトマップ★    ◆記事一覧へ
  _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
↓目下の投資方針です↓
●資産全体:   [124] 基本運用方針-改訂第3版-[2016.5.10]
●株式portfolio:配当投資マイルール
______________________________________________________________________________
↓↓以下のブログランキングに参加しています。応援お願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

2016年もありがとうございました。今年の財産告白

[281] 2016年もありがとうございました。今年の財産告白 [2016.12.31]
updated [2016.1.3]



2016年は、色々ありました。そして、どうもありがとうございました。2016年を振り返って、年末には、純資産がマイナスからプラスに転じたことが非常に大きかったです。


2015年のはじめごろは、私の保有する不動産 (不動産投資) の負債は、不動産の評価額と他の資産の合計よりも少なく、純資産はプラスだと信じていました。しかし、2015年夏に不動産評価額を調査しましたところ、驚愕の結果となりました。
評価額 (ここでは、実際に売れそうな額) が思っていたよりも非常に少なかったことを知り、愕然としました。

かなり焦りがあり、心中穏やかでない1年半を過ごしながら投資を継続していました。



ポイントは、今ある資金を、「不動産への繰り上げ返済を頑張るか、それとも他の投資に振り向けるか」という選択でした。

私のバランスシートとキャッシュフロー上の問題点は、固定負債 (長期にわたる返済が必要な負債) の額に比べて、流動性資産や、毎年のキャッシュフローが相対的に小さすぎるという点でした。このため、無理に繰り上げ返済をして手持ちの現金がなくなってしまうのはリスクである点を理解しました。

このため、

(1) 手持ちの現預金の有効活用

(2) キャッシュフロー (収入) のアップ

(3) 不動産キャッシュフローの改善

が必要でした。




(1) 私の資金を無駄に遊ばせることなく活用するためにも、さらに海外の資産への分散をはかることが私の辿り着いた解のひとつでした。さらに、このブログも、大きな精神安定剤となりました。


(2) さらに取り組んだことが、収入のアップです。
(A) 給料+残業代をアップさせるため、効率を上げながら、かつ、仕事量を増やす。
(B) バイトを増やす。

辛いですが、少しでも早く経済的状況を好転させるべく、この2つの実現に動きました。そして、首尾よく、実際の収入アップにつながりました。


(3) 不動産キャッシュフローの改善のために、現在、金利交渉、借り換えの検討に動いています。



そして、今会計年度fiscal year (2016年1月~12月)、年度末の決算を行いましたところ、ついに、負債額よりも資産額 (流動資産+固定資産評価額) が上回りました!

↓こんな感じです。ヤバい。
2016BS


一番寄与したのは、(1)の投資成果ではなく、(2)の収入アップでした。負債も、少しずつではありますが、家賃収入から返せています。

これで、依然負債を抱えてはいるものの、債務超過状態からは脱せ、安堵の息をつくことができました。


やっと、やっとですが、資産全体としてはプラスマイナスゼロを超えて、スタートラインに立てたと思っています。さらに、投資キャッシュフローを増大させるべく、頑張っていこうと思います。応援お願いいたします。

Let's build a snowball! (雪だるまつくろう!)



______________________________________________________________________________
TOPページ▲   ★サイトマップ★   
記事一覧へ
  _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
↓目下の投資方針です↓
●資産全体:   [124] 基本運用方針-改訂第3版-[2016.5.10]
●株式portfolio:配当投資マイルール
______________________________________________________________________________

↓↓以下のブログランキングに参加しています。応援お願いします!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村


インカム300万円シリーズ〜以前の記事 [232] に対する玄米さんの質問と、その回答 (再掲)

[274] インカム300万円シリーズ〜以前の記事 [232] に対する玄米さんの質問と、その回答 (再掲) [2016.12.4]


以前の記事 [232] に、玄米さんより質問をいただき、回答いたしました。少しの補足となりますので、再掲いたします。
[232] 配当再投資では「億り人」は目指さないことにしよう。インカム300万円を目指すのに必要な原資は [2016.10.24]



 16/12/03 玄米さんのコメント

タイトルなし

年率2+5=7%で配当が増えていく

=>1.02*1.05=1.071=>7.1%で配当が増えていく
ではないでしょうか。足し算では無くかけ算。直感的なので間違っていたらスミマセン(^^ゞ



16/12/04 管理人: 玄德から玄米さんのコメントへの回答

> 年率2+5=7%で配当が増えていく
>
> =>1.02*1.05=1.071=>7.1%で配当が増えていく
> ではないでしょうか。足し算では無くかけ算。直感的なので間違っていたらスミマセン(^^ゞ

玄米さん
良い質問、ありがとうございます。管理人の玄徳です。


直観的には、玄米さんの感じたように、
1 + 0.02 + 0.05 = 1.07 ではなくて
1.02 * 1.05 =1.071 と計算したくなりますよね。


ここが少し難しいので、説明は大胆に省略してしまっていました。
前年の配当額 A としますと、次年の配当額は5%の増配によって、A x 1.05 となります。

また、前年の配当額 A を次年に再投資しますと、それに対して2%の配当が出ます(税抜きとします)。
すると、再投資による新たな配当額は A x 0.02 となります。

すると、増配と再投資を両方合わせた効果として、前年の配当 A に対して、
次年の配当は A x 1.05 + A x 0.02 = A x 1.07となります。

これが、掛け算ではなくて足し算となる所以 (ゆえん) です。


この結果、もし、いつも増配率が5%と維持され、追加投資・再投資時の株価に対する配当率も2%と維持されるならば、永続的に配当は7%で増え続ける計算ですので、単純和である7%を複利計算のたたき台として利用する価値があるものと思います。そして、この二つの値を足した7%という数字が、まさにChowder ruleチャウダー・ルールに相当する値です。


もちろん、この増配率と配当率が維持されない可能性も考えて、十分に安全域 margin of safetyを設けた値を念頭に置く必要はあると思います。あまり高望みする値を設定しないようにすることが、ひとつのポイントだと感じています。

また、景気の循環によってもしも株価が下がれば、追加投資・再投資の配当率が上がりますし、全体的に米国の景気が上向いている時期は好決算等によって、増配率も高めに望めるのではないかと思います。


なお、米国優良株/Dividend aristocrats配当貴族銘柄は、連続増配率が、過去数十年にわたって7%、8%、10%などど平気で達成してきている銘柄がゴロゴロしていることも、驚きですよね。


以上の値をもとにした複利計算は、所詮皮算用なのですが、それでも計算する価値のある皮算用ではないかと愚考しています。ポイントは、コンサーバティブに、控えめな値を選ぶことにあります。




1億円シリーズ

[190] 毎月10万円投資で、30年で1億円つくる! [2016.9.11]
[191] 毎月5万円の投資で、1億円つくる!! [2016.9.11]
[195] 30年間の積み立てで1億円にする、1日3,270円で [2016.9.13]
[196] 最短で1億円つくるための方法 [2016.9.13]
[197] 1億円借りてきたら、それで1億円作ったことになる?? [2016.9.14]
[199] 1億円つくるのと、300万円のインカム源をつくるのと [2016.9.15]
[208] 1億円つくるために大事なこと6カ条 [2016.9.24]
[241] それでも、早く億り人になりたい? [2016.10.27]

インカム300万円シリーズ

[231] 私が投資の目標金額を年間インカム額300万円に設定した理由 [2016.10.23]
[232] 配当再投資では「億り人」は目指さないことにしよう。インカム300万円を目指すのに必要な原資は [2016.10.24]
[239] インカム300万円のシミュレーション続き(債券ver.) [2016.10.26]
[274] 以前の記事 [232] に対する玄米さんの質問と、その回答 (再掲) [2016.12.4]

今日からできる家計術〜其の五 住居費

[273] 今日からできる家計術〜其の五



固定費:変動費:貯蓄投資比率を把握した後に理想を思い描き、個々の絶対値が大きな、固定費から削っていこうと思い立ちました。さあ、ここで、住居費を見直すことにいたしましょう。

(1) 家賃を見直す
(2) ローンを見直す、金利を見直す

その前に、賃貸か、持ち家かどちらか?という難問に答えなければなりません。


これは、人によって、家計の専門家さえも、言っていること、結論が異なります。
私の場合、マンションという持ち家を手に入れたい!と思ったりしていますが、色々な都合で、賃貸住まいです。

何に重きを置くか。経済合理性についても計算方法で結論がずれてきます。

私も色々計算してみましたが、最近は、「結局、どちらを選択・住み替えていった一生を送っても、何が経済的に良かったかは死ぬまでわからない」んじゃないかと思っています。


結局、ライフスタイルに合わせた当面の最適解を選べばよい。と思います。


土地自体の価値が非常に高いのなら別ですが、新築の家の50年後の価値は土地込みでも経済的にはゼロとなると割り切りましょう。人生で1回以上新築を買い替えるような選択をするなら、経済的には損となる可能性が高いです。

それならば、中古を探しましょう。あまり古い家だと難しい場合は、築浅物件を探します。


どちらでも良い状況で、月々のローンに駐車場代の差額、交通費の差額、固定資産税等を考慮して賃貸の方が安い場合、きちんと貯蓄・投資できるならば、賃貸を選択して、差額を投資する方が、経済合理的です。

今日からできる家計術〜其の四 まずは固定費を見直す

[271] 今日からできる家計術〜其の四 まずは固定費を見直す [2016.11.29]



固定費:変動費:貯蓄投資比率を把握したら、次は、その比率を最適optimumな比率にしていく作業に励み、マインドを育成します。最適というのは、例えば、極端に固定費を減らしすぎたりして非常にプアーな生活になったりすることはできれば避けたいものですから、適度な生活は維持できる比率を追求したいものです。人によって最適解は異なるでしょう。

山崎元先生の貯蓄比率を求める公式は、もちろんこの3つの比率の一番右に位置する比率のことです。


さて、例えば5:4:1の比率から、どうやって4:3:3に持って行こうかと途方にくれるかもしれません。
節約を考える場合、比率というよりも、絶対額で攻めていくのが良いものと思います。

まず、個々の絶対値が大きくなりがちな、固定費から削っていくのが正攻法です。

具体的には、
(1) 家賃を見直す
(2) ローンを見直す、金利を見直す
(3) 光熱費を見直す
(4) 保険料を見直す
(5) 通信料を見直す
(6) 教育費を見直す

どれも、すべて取り組む価値のある事項かと思います。

これらは、非常に大きな額になりがちで、一見削りにくい出費ではありますが、ある時点でバッサリとメスを入れることにより、今後の出費を永続的に減らすことが期待できます。

この優先順位の考え方としては、個人個人で、様々な事情があるでしょうが、やはり、雑誌やインターネットの記事で出されている個別相談結果等と比較して、自分の出費の中で特に相対的に大きいものをターゲットにしていくのがいいと思います。

今日からできる家計術〜その③出費の色分け、固定費:変動費:貯蓄投資率を出す

[270]

updated [2016.11.29]


あなたの可処分所得額がわかったら、家計の具体的把握に入ります。

具体的な方案として、毎月の消費のうち、何が本当の消費で、何が浪費で、なにが広い意味の投資なのかを色分けして行くのはひとつの方法です。

その際の色分けの第一歩は、お金を使った用途のつけ方を明確にすることです。

ここでは、以下のように分けてみましょう。


固定費
(1) 住居費 家賃やローン
(2) 光熱費 水道、電気、ガス代
(3) 保険料 生命保険、自賠責保険、火災・地震保険など
(4) 通信料
(5) 教育費


変動費
(6) 食費 外食と、それ以外
(7) 日用品 耐久消費財を含む
(8) 衣服・美容費
(8) 交通費
(9) 娯楽費
(10) 交際費、冠婚葬祭費


分け方に異論もあるでしょうが、ここでは、11個以上とせず、この10個の項目に強引に当てはめていきましょう。
例えば、書籍代は、教育費か娯楽費のどちらかに入れる。
雑費は、日用品や交際費に入れる、など。

こうやって分けた結果、あなたの毎月の収支を把握し、固定費:変動費率を計算しましょう。

一般的には、固定費よりも変動費の方が少なくなるのが理想的です。

そして、可処分所得(手取り収入)をすべてこれらにつぎ込んでしまっては、もちろん貯蓄や投資はできません。


そこで、固定費:変動費:貯蓄投資比率を出すのが良いでしょう。


理想的には、固定費も変動費も圧縮して、投資・貯蓄に回せる額を少しでも増やせると良いですね。
なので、季節性の変動もあるでしょうが、最低でも、5:4:1はクリアーし、手取り収入の1割以上の貯蓄・投資を維持したいものです。
できれば、4:4:2や、4:3:3を目指したいですね。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の勉強会を頼まれました。

[264] 個人型確定拠出年金(iDeCo)の勉強会を頼まれました。 [2016.11.14]



個人型確定拠出年金(iDeCo)の勉強会をやってくれませんかねー?みたいな提案をされました。

職場のある人からの軽い提案なのですが、やはり、iDeCoは、気になる人が多いのでしょうか。

気になるけど、お金のことはあまり詳しくないよ〜、投資ってどうなの?と、何も知らない人が日本ではまだまだ大多数なのでしょう。

しかし、まず、投資よりも先にいちばん必要かつ肝要なのは、金銭感覚と、貯蓄の積み立て習慣です。まず、これをきっちりとやってライフプランおよびキャッシュフロー表を作り、将来を見据え、これでもか、まだですか、というくらいによくよくよくよく自分と向き合って、練ってもらう必要があるのではないかと思います。この自己責任は重いし、ひょっとすると、何に投資するか/投資しないかということよりも重いのではないかと思います。


もしもそうことをレクチャーするならば、私の少々お節介な性格もあるため、やはり、家計の管理法だの、色々な面で断定的な言い回しだの、穿った(うがった)見方だのが混じってくる可能性があり、さらには個別相談的な要素が多分に含まれてくることになるのではないかと危惧してしまいました。そこまでは重荷ですね。


やはり、勉強会をするなら、iDeCoの一般的な説明のみ、スパッとして終了!とするのが良いのかもしれません。しかし、それならば、やはり、経理の人あたりが説明会を開いてくれるのがいちばん、結果的に無難で、説得力があるのではないかと思いました。


さらに家計や投資の相談をするなら、一般人にはやはり難しい、FPに任せる方がベターでは?しかし、これは、「方法論のみ本やインターネットで仕入れ、あとは自分で考え、自分でお金に責任を持って管理・投資する」のが、最も理にかなっており、最も安上がりです!


ここは、いちばん良い方法は、私としてはこのようなものになりました。
機構が用意しているホームページをしっかり見ていただきつつ、さらに、それでもわかりづらければ、山崎元先生等の出版されている確定拠出年金に関するやさしい入門書を読んでいただく。これがいちばん良いプランなのではないかと思いました。



今回の話のポイント:

(1) 自分のライフプランをきちんと把握し、自分で責任を持つべし

(2) 人に教えてもらうより、自分で情報を取りに行くのが最も効果的である。





_____________________________________________________

TOPページ▲   ★サイトマップ★   ◆記事一覧へ

  _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

↓目下の投資方針です↓

●資産全体:   基本運用方針-改訂第3版-[2016.5.10]

●株式portfolio:配当投資マイルール

_____________________________________________________


↓↓以下のブログランキングに参加しています。応援お願いします!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村

トランプ現象による荒い相場も、すべてノイズに過ぎない

[263] トランプ現象による荒い相場も、すべてノイズに過ぎない [2016.11.12]


トランプ氏が大統領になる/なった憶測や恐怖やその他で、相場が波乱含みになることを心配していた/いる人は多いと思いますが、そんなのはよくあることです。分かっている唯一のことは、相場は常に「変動するであろう」ことです。

相場がすべて読める人は神のみであり、かのウォーレン・バフェットでさえ、誤ることが多々あります。

という事で、私も相場は読めませんし、読まないことにしています。割安などの銘柄判断をするだけです。

相場の動きは気まぐれで、ミスター・マーケットはいつも暴れたがります。しかし、暴れ回るミスター・マーケットの動きが鎮静化してきたら、今度は、株価は実体経済に基づいた適正な「バリュー」に戻ろうとしてくる性質があります。ミスター・バリューの出番です。売られ過ぎていると、今度は買い戻され、買われ過ぎていると売り戻されます。

一波乱あった時に、その適正な「バリュー」から大きく乖離している銘柄を見つけてくるのがバリュー投資家の仕事です。そのような銘柄を物色しておいて割安に買っておき、その銘柄がすごく割高にならない限り保有を続ける。これが、グレアム的には投資としての王道なのだろうと思います(投機ではなく)。

グレアムのいう「投資」は、長期投資であり、成長株ではない割安株への投資を第一に推奨しています。

バフェットのいう「投資」は、長期投資ですが、このグレアムの投資にさらに競争優位性の高い銘柄=大きな堀のある銘柄(wide moat)というしばりで、銘柄を制限して行うという考え方が特徴です。

モダンポートフォリオ理論におけるインデックス投資も、やはり長期投資です。効率的な市場における最も理論的な投資法です。

これらのバリュー投資もインデックス投資も、いずれも、相場の短期の動きには惑わされてはいけない、ミスターマーケットは無視せよ、というメッセージが読み取れます。いずれは適正なバリュー(価値)に戻ってきて、実体経済の総和は成長していくことから、最後にはミスター・バリューが勝つのです。

積み立て投資の注意点(特に個別銘柄投資家の)

[262] 積み立て投資の注意点(特に個別銘柄投資家の) [2016.11.11]
updated [2016.12.2]


ある人のwatch銘柄の中で、どの銘柄を買いたいか?という時に、注意すべき点があります。どんな銘柄群であれ。

(1) すべて割高かもしれない
(2) 一部は割安である
(3) すべてが大幅な割安である

(1) の場合、買うのが躊躇(ためら)われることが多いかもしれません。こういう時にも買えるかどうかは、投資方針として規定しておいた方が良いかもしれません。例えば、毎月積み立て投資の場合、スキップするか否か、それでも何か買い付けするかどうかは、人によって好みの問題もあるかもしれません。しかし、資金がそれなりにあるなら、少し減額してでも、投資機会の損失になることを考えて、機械的に何らかの新規積み立てを行うべきかもしれません。

(2) 買いの対象にしている銘柄の中で、一部が絶対的に割安になってきて、追加資金もある場合、十分な安全域margin of safety が保たれていると判断するならば、それは買いのサインなのでしょう。

(3) すべてが大幅に割安な局面が訪れている時も、注意が必要です。何でもかんでも買い進んでいては、資金がショートしてしまうかもしれません。これによりアセットアロケーションが崩れてしまうのは困りものです。このような時こそ、個別銘柄よりも、インデックスファンドやETFに投資すべきなのかもしれません。小型株効果を狙うなら、このような時なのでしょうか。


大まかには、(1) (2) (3) の3パターンの可能性を考えながら、いずれの時にも対応できるように投資戦略を事前に練っておくべきなのだろうと、今更ながらに思いました。

スポンサードリンク

Copyright © 雪だるまつくろう〜米国株&米国債&不動産でインカムゲイン投資 All Rights Reserved.
↓↓ブログランキングに参加しています。応援お願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。