上がり続ける米国株、ダウ化するポートフォリオ、今後の戦略は??など、⛄長期投資法として米国株&債券 (米国債) &不動産によるインカムゲインを重視し、再投資を含む複利運用を目指します⛄
楽天カード

上がり続ける米国株、ダウ化するポートフォリオ、今後の戦略は??

記事番号 [171], 記事タイトル [上がり続ける米国株、ダウ化するポートフォリオ、今後の戦略は??], 公開日 [2016.8.12], updated [2016.8.18]


NYダウが、また新高値を更新しています。

キャピタルゲインに重きを置く投資家は、ドル建てではウハウハでしょう。

しかし、私は、不満です。どんどん割高になってくるからです。追加投資が、し辛いです。追加投資の期待リターンが、グングンと低くなってくると考えてしまうからです。

株価が上昇するなら、それに見合った、企業の収益増加がなければいけません。そうでないと株価が高くなってもPERが高くなるだけで、当期純利益が増えていかなければ、単なるバブル的な動きでしかありません。

そうしてPERの高い株が増えてくると、投資対象が狭まってきます。

株価が上がってくると、気が大きくなって、ますます買いたくなるのは、身を滅ぼす元になります。あくまでも、買いを入れるのは、その時々のバリュエーションに基づいてです。

だから、暴落が待ち遠しいのです。リーマンショック後のような涎の垂れるような状況とは、現状は大違いです。

次のXデーよ、いづくの時にならんや。

まだ、引退まで、数十年はあります。なので、早まらずに相対的に割安になる時期を待ち続ける、雌伏の時期を過ごさなければならないかもしれません。

普通は、「雌伏の時」は、塩漬けになって身動きがとれなくなるような状況、そのような時を考えますよね(笑)。私は、全く逆のマインドになっています。「バフェットマインド」とでも呼びましょうか?



さて、私の保有銘柄も、なんだかんだ言って増え続け、ダウ工業平均30採用銘柄が増えてきました。これは、ポートフォリオがダウ化してきていることを示しています。

しかし、これは、特に悪いことではありません。分散投資の宿命ですし、ダウ採用銘柄の中でも、選別しています。それから、米国株以外にも一部分散させようとしています。

今のところ、日本株が入っていませんが、いつかは検討するか?J-REITでも。なかなか、超長期で保有したいと思う日本株が、思いつかないのです。

現状、日本株の方が、相対的に割安であることは重々承知なのですが(笑)。まあ、でも、日本株についても、頑なにならずにそのうち検討しましょう。

花王、ユニチャーム、セブン&iホールディングス等は好みなのですが、配当が若干低いのが気になります(欲張りですね)。

信託報酬を払ってもよければ、適切に分散された投資信託もあり。バリュー株投資でなく、グロース株投資の一種になってしまいますが、ひふみ投資も私の目線ではいいかな?とは思っています。

国債も上がってしまっている昨今、なかなか債券も買えません。

やはり、下がっている対象を買うべし?

で、考えを巡らすと、新興国が候補に挙がります。新興国株を買うのも、勇気が要りますが、必要なことなのですかね?ただ、新興国では、着実な増配が期待できません。この点、不利ですね。
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://alsosprachzeitgeist.blog.fc2.com/tb.php/171-52256bbf
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 雪だるまつくろう〜米国株&米国債&不動産でインカムゲイン投資 All Rights Reserved.
↓↓ブログランキングに参加しています。応援お願いします!