3大出費を見直して投資に回そうなど、⛄楽チンな長期投資法として、バリュー株/連続増配株&債券 (米国債) によるインカムゲインを重視し、再投資を含む複利運用を目指します⛄
楽天カード

3大出費を見直して投資に回そう

記事番号 [173], 記事タイトル [3大出費を見直して投資に回そう], 公開日 [2016.8.16], updated [2016.8.18]


人生における、3大出費を、戦略的に考えましょう。

FPなどでは、以下を3大出費としています。
①教育費
②マイホーム
③老後資金


他に、色々言われています。

とある人の3大出費
①マイホーム
②教育費
③マイカー


別の人の3大出費
①マイホーム
②保険
③教育費




結局、以下の、どこにどのように配分していくかが、非常に問題になってきます。
①教育費
②マイホーム
③保険
④マイカー
⑤その他の生活費
⑥投資
⑦老後資金


何を節約し、何に重点を置くかが、人生にとって非常に大切で、しばしば重要な岐路となります。

では、このうち、削れるもの、削っていいものはどれでしょうか?

人によって価値観は異なりますが、キーポイントは、『何が単なる負債(お金を奪っていくもの)で、何が資産(お金を受け取れるもの)であるか』ということに尽きることになると思います。


ここで、ぶっちゃけますと、
①教育費
②マイホーム
③保険
④マイカー
⑤その他の生活費
これらは、すべてある意味負債です。すなわち、削れるものです。まれに、負債ではなく財産になることもありますが、基本的には負債と考えるべきです。

どれも負債ではあるのですが、これらを、どのように見直して効率的に配分、節約し、どれほどを投資に回せるか、が、財産を形成するファクターとなります。

子供等の教育費は、個人的には、もっとも力を入れたいところですが、親などにとっては負債の一種ですので、ここにかけすぎるのも禁物だ (もちろん、子供にとっては財産です!) 、ということは、多くのFPが指摘しています。

マイホームは、資産と考えがちですが、毎年コンスタントに経費がかかります。自分に金銭的利益をもたらすわけではありませんので、この意味で、大きな負債です。

保険に加入して、年金保険等から将来キャッシュフローを得ようと目論む人もいますが、このような年金商品は、基本的に、手数料を大きく取られる商品であることを認識しましょう。終身保険(死亡保険)であっても、掛け捨て部分が含まれています。よって、負債です。終身保険等の解約返戻金のある保険は、基本的には「不利な投資対象」と考えた方がよいと思います。
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://alsosprachzeitgeist.blog.fc2.com/tb.php/173-a4e8c1dc
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ハワイ旅行 DMM FX×あいまいみー
Copyright © 雪だるまつくろう~米国債&米国株で配当再投資 All Rights Reserved.
↓↓ブログランキングに参加しています。応援お願いします!