買うのにドルコスト平均なら、利確も損切りもドルコスト平均でなど、⛄楽チンな長期投資法として、バリュー株/連続増配株&債券 (米国債) によるインカムゲインを重視し、再投資を含む複利運用を目指します⛄
楽天カード

買うのにドルコスト平均なら、利確も損切りもドルコスト平均で

金融商品を買う時に、できるならば、割安な時に沢山買うのが投資としてはいいに決まっています。Buffett先生の仰せのように。


しかし、人によって投資を始める時期・環境は千差万別です。絶対的な割安時期がいつも訪れるかどうか分からないため、また、買い時を逃さないため、買う時期をずらして買っていく戦略をとることがよくあります。

それは、すなわち、ドルコスト平均法につながります。同じくらいの額で買い付け続け、取得単価を平準化していくことがドルコスト平均法です。



また、積み立てていった結果、大きく利が乗った時、もち続けるか売るか悩ましい場合も、売る時期をずらしていくことが勧められます。これにより、将来また評価額が上がるにせよ下がるにせよ、投資を続けながら売却していきますので、売却単価が平準化されます。これも、ドルコスト平均法ですよね。FPなどが投資アドバイスでよく言うことです。



それを踏まえ、様々な理由で塩漬けになっていたりする資産を損切りするときも、この考え方が応用できます。損切りも、時間をかけて行っていけば、色んな市況に合わせて平準化され、いいのでしょうね。
債券にせよ、株にせよ、不動産にせよ。。。


もちろん、ここぞという時には、買うときも売るときも、大胆に行動するときも求められるかもしれません。ただ、気紛れなミスターマーケットですから、

「神のみぞ知る。」

ならば、やはり、きちんとした投資計画(最低、5カ年計画はきっちりと)を立て、それに従って、売却も含めて粛々と投資していくのが良いのでしょう。
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://alsosprachzeitgeist.blog.fc2.com/tb.php/202-ec0eb0f6
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ハワイ旅行 DMM FX×あいまいみー
Copyright © 雪だるまつくろう~米国債&米国株で配当再投資 All Rights Reserved.
↓↓ブログランキングに参加しています。応援お願いします!