今日からできる家計術〜その②〜可処分所得を意識するなど、⛄誰にでもできる/再現性の高い長期投資法を追い求めるブログです。バリュー株/連続増配株(アメリカ株等)&債券 (米国債) によるインカムゲインを重視し、再投資を含む複利運用を目指します⛄
楽天カード

今日からできる家計術〜その②〜可処分所得を意識する

[268]

updated [2016.11.28]


今日からできる家計術〜その②です。


あなたが毎月自由になる「可処分所得」という概念があります。あなたがもらう給料などの収入から、所得税、住民税、社会保障費を引いた値です。読んで字のごとく、あなたが自分の裁量でいかようにも「処分」できる所得額です。

よく言う、「手取り給料」「税抜き給料」がこれにあたります。税込の収入ももちろん重要な値ですが、まず、これがいくらなのかをイメージし、さらにどれだけの税や保険料を払っているかをイメージすることが必要です。

例えば、給与収入25万円に対して税+保険料が6万円、可処分所得19万円、というように、ぱっとスラスラ答えられるようにイメージを持ちましょう。

所得税は、国の歳入に回ります。住民税は、都道府県民税と市町村民税に分けられ、それぞれの歳入に入ります。健康保険料は、共済組合や、都道府県の協会けんぽに入ります。年金保険料は、賦課方式(相互扶助的な流れ)で老齢年金と障害年金に回ります。介護保険料、雇用保険料もあります。

まずはここからです。


可処分所得は、確かにあなたが個人で使える金額ですが、家賃なり、ローン返済なり、食費なり、保険料なり、生きていくのに必須なものが多々あります。これをどうしていくか。このため、生活に必須の事項と、そうでもない事項に分けて、支出をきちんと色分けしていく必要があります。

次回、乞うご期待。



関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://alsosprachzeitgeist.blog.fc2.com/tb.php/268-b8e5e3ec
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ハワイ旅行 DMM FX×あいまいみー
Copyright © 雪だるまつくろう~米国債&米国株で配当再投資 All Rights Reserved.
↓↓ブログランキングに参加しています。応援お願いします!