ワンルームマンションはこれ以上作るべきでない。日本の少子化に拍車をかけるため。など、⛄楽チンな長期投資法として、バリュー株/連続増配株&債券 (米国債) によるインカムゲインを重視し、再投資を含む複利運用を目指します⛄
楽天カード

ワンルームマンションはこれ以上作るべきでない。日本の少子化に拍車をかけるため。

ワンルームマンションはこれ以上作るべきでない。日本の少子化に拍車をかけるため。



ワンルームマンションを好んで都市部に建てまくるディベロッパーがあります。私が騙された(株)日本エスリードなどはその典型です。

この会社はファミリー向けマンションもつくってはいます。しかし、メインはワンルームです。


ワンルームマンションが増えると、どうなるでしょうか?

まず、たくさん建設するということは、供給が増えるということになります。
それに追いつくためには、その分需要が増えないといけませんよね。


古いマンションをどんどん取り壊して行くなら、建設する必要も出てくるでしょう。しかし、現実は、古いマンションもそのまま利用されています。供給数が増える一方で、需給曲線の一方に歪むばかりです。値崩れを起こします。

日本は本格的な人口減少社会に入りました。すると、労働者も必然的に減っていくため、そんなに需要が増えるなんてかんがえられません。

そして、単身者用マンションが増えると、おそらく未婚率や出生率がさらに減っていきます。少子化の大敵と思います。



はたして、今現在も建設しまくって、日本のためになると思いますか?




どう考えても、人口の不均衡も、自由主義の弊害です。日本が全体的に繁栄していっていた時代は良かったですが、人口減少時代では、足を引っ張るだけ要因でしかないと常々思っています。

ディベロッパーの数も建設会社の数も、減らさないといけませんよね。
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://alsosprachzeitgeist.blog.fc2.com/tb.php/344-5ed4942f
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ハワイ旅行 DMM FX×あいまいみー
Copyright © 雪だるまつくろう~米国債&米国株で配当再投資 All Rights Reserved.
↓↓ブログランキングに参加しています。応援お願いします!