【英語】英語ができるようになれば、投資力もアップできる!英語インプット私の過去編など、⛄楽チンな長期投資法として、バリュー株/連続増配株&債券 (米国債) によるインカムゲインを重視し、再投資を含む複利運用を目指します⛄
楽天カード

【英語】英語ができるようになれば、投資力もアップできる!英語インプット私の過去編




英語をできるようになりたい、使えるようになりたい、とは、日本人の多くが思うようです。


先月あたり、テレビ番組で、中国人が日本の大学を受験するという特集が組まれていました。そこで出てきた中国人女子学生が、「日本の英語レベルが低すぎる」と言っていました。


その通りです。皆、大学受験のために文法、単語、語法をゴリゴリと覚えることに重点を置き、なんとかかんとか長文がギリギリ読めるようになって、ギリギリの読解力で問題を解き、ギリギリの聞き取りをしようとしています。


本当に英語ができるようになるためには、文章や会話文をきちんと理解できるようになったあと、どれくらいそれに馴染んで、「ギリギリ」ではなく、「余裕で」理解できるようになれるか。


この、「余裕で」読めるようになる文章をいくら積み上げて行くか、という過程を経て、文、文章の組み立てがやっと自分でもできるようになってくるのです。



私は、中・高時代、唯一の得意科目が英語でした。


なぜかというと、自宅では、ほとんど、英語しか真面目に勉強していなかったからです(笑)。英語のみに集中していました。

何をしていたかと言うと、中学の時にシドニイ・シェルダンの「ドリッピー Drippy」を聞きまくりました。これにより、英語の発音をマスターしました。

それから、学校で使っていた教科書の文章を、きちんと理解したのち、音読しまくりました。各100回以上、読んだものと思います。

英語の勉強法でも良く書いてありますが、とにかく、理解できる英文を繰り返しまくるのです。只管打坐です。それにより、その英文が血となり肉となります。



高校では、Z会から出ている『速読英単語』『速読英単語上級』の2冊、合計120長文ありましたが、これも読みまくりました。確か、各長文を150回以上は読んだものと記憶しています。

これにより、大学受験レベルの英語は非常に楽チンになりました。



大学生になってから、雑誌のタイム TIME を読み出したのですが、語彙がさらに難しい。しかし、語彙をゴリゴリ覚えまくるのも、基礎ができていれば大したことありません。英検1級の語彙集、TIMEの語彙集をやれば、ある程度はカバーできるようになりました。

今では、英語の原著でもトライできるレベルになりました。

ハリーポッターレベルの原著なら、時間さえあれば2日くらいで読めます。




スマホを手に入れてからは、英語の記事も毎日楽しんでいます。

投資の情報も、英語でも手に入れられますので、楽しいですよ!



⛄️ Let's build a Snowball with fun! (楽しんで雪だるまつくろう!)⛄️
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://alsosprachzeitgeist.blog.fc2.com/tb.php/377-5c61fd08
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ハワイ旅行 DMM FX×あいまいみー
Copyright © 雪だるまつくろう~米国債&米国株で配当再投資 All Rights Reserved.
↓↓ブログランキングに参加しています。応援お願いします!