[75] 「リスクフリーのキャッシュフロー」と「擬似債券」 [2016.1.26]など、⛄楽チンな長期投資法として、バリュー株/連続増配株&債券 (米国債) によるインカムゲインを重視し、再投資を含む複利運用を目指します⛄
楽天カード

[75] 「リスクフリーのキャッシュフロー」と「擬似債券」 [2016.1.26]

払い手が倒産したり、額が減る心配のない収入を、
リスクフリーキャッシュフロー
と言うんだそうです。

国民年金・厚生年金による収入は、
国が支払いを保証してくれることになっていますので、
国債とほぼ同等の「リスクフリーキャッシュフロー
と見做せます。
自国の国債は、そもそもが「リスクフリー」のはずという前提です。

すなわち、
年金が毎年200万円の人は、
死ぬまでが満期の国債を保有して、金利収入が毎年200万円を得ているのと同じ、という感覚です。
もし、国債の長期金利が例えば 1% とすれば、
  200万円÷1% (0.01) =2億円!
2億円分の国債を保有しているのと同等、
ということです!
これを、「林敬一流擬似国債」と呼びます。

  「擬似」か「疑似」かは、
  実は、
  「もどき(擬き)」の擬似がもともと正しく、
  「うたがい(疑い)」の疑似は、実はざっくりいうと間違いです。
  「擬」と「疑」は字義的には同根であり、
  読みも共通であるため、
  当用漢字に入っていない「擬」から、強制的に書き換えられてしまった
  「疑似」という言葉を、
  慣用としてつかわされているだけです。
  なので、私は、「擬似」を使います。

話が大脱線しました。

自分でつくる「キャッシュフロー」は、
リスクフリーとまではいきません。
しかし、以前のエントリー
[69] 恩株つくろう vs. 雪だるまつくろう [2016.1.23]
で書いたように、
自己資金の回収が済んでしまった「キャッシュフロー」の源泉であれば、
「事実上の (厳密には違いますが)」リスクフリーキャッシュフロー
に近いもの
として、考えることができますよね。

これを、いかに創るか。
     いかに増やすか。
ファイナンシャルフリーを目指す人たちにとって、
ここが、最も重要なところですよね。

リスクフリー」でなかったとしても、
極論: キャッシュ「フロー」と「ストック」として考えた場合。
「ストック」としてたくさん貯め込んでおこう、と考えるよりも、
キャッシュ「フロー」を生み出す資産をつくる。


「どっちも同じじゃん」と思う人もいるようですが、
日本人は、「ストック」を重視する立場の人が多いのでしょう。
「フロー」の重要性に気付いているかどうか。

さらに、擬似債券」の本家本元は、
かの有名な、
ウォーレン・バフェットによる「競争優位性をもつ株」
 ≒ wide MOAT [ワイドモート;広い濠] 株
の考え方ですね。

これについては、また、別に触れましょう。



不動産投資/新築マンション特集
__________________________________________________________________________________
目下の投資方針は、こんな感じです↓
資産全体:     ①基本運用方針-改訂第2版-2015年9月30日
株式ポートフォリオ:②配当投資マイルール
__________________________________________________________________________________

↓↓以下のブログランキングに参加しています!ぜひ、応援clickを!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://alsosprachzeitgeist.blog.fc2.com/tb.php/75-66ab3fab
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

ハワイ旅行 DMM FX×あいまいみー
Copyright © 雪だるまつくろう~米国債&米国株で配当再投資 All Rights Reserved.
↓↓ブログランキングに参加しています。応援お願いします!